記事

東京都が1人10万円分の育児用品・サービス 2021~22年度に生まれた子どもを持つ家庭に



 東京都は生まれた子ども1人につき10万円分の支援をすると発表した。妊娠の届け出数が新型コロナによる経済的な不安で減っているとみられ、都は出産を望む家庭を後押しするという。

【映像】都が出産後押し 子ども1人“10万円”

 東京都によると、去年4月から10月までの妊娠届け出数はおよそ6万件で、おととしから1割減少したという。出産にかかる費用も東京は他の県などより平均で10万円ほど高いため、小池知事は新型コロナで経済的な不安が広がる中、出産を控える動きが広がっているとしている。

 対象は2021から22年度に生まれた子どもを持つ家庭で、都が設ける専用サイトで子ども1人につき10万円分の育児用品や育児サービスを選べる。所得制限は設けない。

 予算額は101億円で、2月からの都議会に提出される。(ANNニュース)

▶︎映像:東京都が1人10万円分の育児用品・サービス  2021~22年度に生まれた子どもを持つ家庭に

あわせて読みたい

「出産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  5. 5

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  6. 6

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。