記事

コロナ禍での国産牛を支える

多久市で、昨日、今日と開催されていた子牛の初競りを視察し、畜産農家の方々を激励してきました。

昨日も今日も、朝から大雪。雪が積もって凍った路面を、皆さん懸命に走ってこられて、おかげさまで初競りはしっかり開催されました。

国産牛については、昨年春以降、新型コロナウイルスの影響で、枝肉価格、子牛の価格ともに低迷していましたが、昨秋以降は一気に持ち直してきています。

今の第三波が今後どのような影響を与えるか、皆さん大変心配されています。しかしながら、初競りにおける子牛の価格としてはまずまずの取引でした。

コロナ禍の中でも、国産牛に対する需要促進を図って、盛り上げていかなければなりません。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。