記事

1月9日(土)ムネオ日記

 韓国ソウル中央地裁は8日、元慰安婦の韓国人女性が日本政府に損害賠償を求めた訴訟で、日本政府に一人1億ウォン(950万円)の慰謝料を支払う判決を出した。

 2015年12月28日、日韓外相会談で慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決」することで合意した。当時は朴槿恵(パク・クネ)大統領で、日本の外相は岸田文雄氏だった。

 2016年7月には、合意に基づき、元慰安婦や遺族に現金を支給する「和解・癒やし財団」ができ、日本は10億円を拠出した。ところが2017年5月文在寅(ムン・ジェイン)大統領になると合意を受け入れないと言い、2018年11月「和解・癒やし財団」は一方的に解散された。

 国と国とで約束したことが、指導者が代わるとほごになると国家と国家の関係が成り立たなくなる。

 国家には外国の裁判権は及ばないという国際法上の「主権免除」の原則は、主権国家は平等という観点から確立しており、今回の判決は言語道断である。

 かつて日韓関係は「一衣帯水」と言ったものだが、変わった指導者が登壇すると、約束、信義、何よりも信頼がなくなってしまうことを世界に示した。

 日本としては淡々と外交は積み重ねであり、その約束は履行していく姿勢を貫けばよいことある。

 それにしても隣国である韓国の大統領は何を考えているのか、首をかしげざるを得ない。友好とはほど遠い頭づくりである。

 緊急事態宣言が発令され、そして三連休のスタートである。不要不急の外出は避け、ここは自粛である。これ以上感染者を増やさないことが大事である。

 一人一人その責任を果たしていこうではないか。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  3. 3

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  4. 4

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。