記事

韓国問題 旧朝鮮半島出身労働者問題に続いて、慰安婦問題でも損害賠償判決

平成27年12月28日 慰安婦問題での日韓合意 外相記者会見の様子 (出所;外務省)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page4_001664.html 

日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。

世界がコロナ禍で混乱している中で、隣国韓国がまたしても、国際法無視、反日ぶりを発揮してくれました。韓国は国として起こさなくてもよい問題を起こし、日韓関係を混乱させ、東アジアの安全保障を流動化させています。

1月8日(金)、韓国のソウル中央地裁が、元「慰安婦」12人が我が国政府に損害賠償を求めた裁判があり、原告1人あたり1億ウオン(約950万円)の支払いを命じる判決を出しました。

●我が国政府は当然すぐさま抗議

 我が国政府は、当然すぐさま抗議しています。

ただちに、加藤官房長官は記者会見で「極めて遺憾だ。断じて受け入れることはできない」「韓国が国家として国際法違反を是正するために適切な措置を講ずることを強く求める」「国際法上の『主権免除』の原則から日本政府が韓国側の裁判権に服することは認められないという立場であり、控訴する考えはない」と発言しています。

菅総理も記者会見して「まず国際法上、主権国家は他国の裁判権には服さない。これは決まりですから、そういう中でこの訴訟は却下されるべき、このように考えます。そして、日韓の慰安婦問題については、1965年の日韓請求権協定において、完全かつ最終的に解決済みである。ですから、韓国政府として国際法上違反を是正する、そうした措置を採ることを強く求めたいと思います。我が国としては、このような判決が出されることは、断じて受け入れることはできません。」

今後の日韓関係への対処についてという記者の質問に対して、「まずこの訴訟は却下されるべき、そこから始まります。」と発言しています。

https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2021/0108kaiken2.html 

外務省では、秋葉次官が駐日韓国大使を呼んで、抗議しました。

同省では、慰安婦問題を含め、日韓間の財産・請求権の問題は、1965年の日韓請求権・経済協力協定で完全かつ最終的に解決済みです。また、慰安婦問題については、2015年の日韓合意において「最終的かつ不可逆的な解決」が日韓両政府の間で確認されており、韓国政府に対して国際法違反を是正するために適切な措置を講じることを強く求めたところです。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008927.html 

●韓国政府の対応 何もできない、しない・・・

 同判決を受けて、韓国政府外交部は、次のような報道官論評を出しました。

 「政府は裁判所の判断を尊重し、慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復するためにできる限りの努力を尽くす」「政府は2015年12月の慰安婦問題を巡る韓日政府の合意が両国政府の公式合意である点を確認する」「同判決が外交関係に及ぼす影響を綿密に検討し、韓日両国の建設的かつ未来指向的な協力が続くよう努力を傾ける」としています。

 https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210108004500882 

 要は、韓国政府は、日韓の慰安婦合意について、被害者の意見が反映されておらず、解決には繋がらないが、韓日間の公式合意という点は認め、破棄したり再協議を要求したりはしない、引続き被害者のため、日韓関係のために努力するという玉虫色の発言です。韓国世論は判決を支持しており、3権分立で、司法権の独立もあり、国内では何もできない、でも日韓関係は何とかしたいが、何もできないということになります。

 文在寅政権は、国内外で当事者として責任体制を欠いています。

●旧朝鮮半島出身者労働者問題もあり、経済制裁を

韓国大法院(最高裁)が我が国企業に対して旧朝鮮半島出身者労働者問題で賠償を命じた判決の案件もあり、今回我が国政府の韓国内の資産を差し押さえるようなことがあれば、ただちに経済制裁を行うべきです。

 我が国政府は、国際司法裁判所(ICJ)に提訴することを検討するとのことですが、韓国が受け入れなければ実現しません。

 国際法を無視した当事者・責任体制を欠いた隣国には、分からせるための経済制裁という実力行使しか選択肢がありません。残念ながら・・・

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  5. 5

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  6. 6

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  7. 7

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。