記事

ここではお遊びでいいが、国政の場でのお遊びや火遊びはいけない

やはり憲法問題は大事である。

どうやら自民党はここで一挙に復古的改憲に向けて舵を切るようだが、自民党の中でリベラル的な要素がどんどん後退しているのが気になる。

維新も太陽の合流を認めて石原氏を新しい代表にしたので、目下表に出るのはたちあがれの真正保守の臭いばかりになってしまっている。

表面だけ見れば日本がどんどん右傾化して、いつ本気で核武装の検討を始めるかも知れない、というような雰囲気を漂わせ始めている。

これは危ない。

一般の国民はそこまではついていけない。

穏健保守とか保守リベラルと言われる人たちが発言しづらいような状況にでもなってきているのだろうか。民主党まで集団的自衛権行使合憲解釈に舵を切ろうとしているように見える。

このまま行くと、段々歯止めが効かなくなる。いい加減にストップをかける必要がある。国会が暴走しないように、私たち一般の国民が憲法問題についてもっと声を上げる必要がある。

私が憲法研究会の長に納まることに異議がある方がおられるが、単なる学問の場を超えて現実に立法を動かすということになると、学問的業績はなくとも、国会の憲法調査会等の議論に参加したことがありごく一般の国民の常識的見解を代弁することが出来る人間が必要になる。

私の稚拙な見解に対する賛同者は一人しかいないが、そのレベルはともかく、憲法について熱く語ることが出来る若い研究者の集まりを早急に作る必要がありそうだ。

他の方々より一歩でも二歩でも先を歩もうというのが私たちのグループである。皆さんも遠慮なく憲法問題についてのご意見を開陳していただきたい。読者参加型の真面目な意見交換の場は、そんなに多くないはずだ。

貴方の意見で日本を変えることが出来るかも知れない。よろしく。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  3. 3

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  4. 4

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  5. 5

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  6. 6

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  7. 7

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

  10. 10

    米長官 中国への関税撤廃を提案

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。