記事
  • ロイター

中国規制当局、電子決済・商取引サービスへの監督強化を検討


[上海/北京 8日 ロイター] - 中国の国家インターネット情報弁公室は8日、オンラインサービスに関する規則を約20年ぶりに更新し、監視対象を電子決済、ネットショッピング、ライブ配信などのサービスを提供する企業に広げる案について、意見公募を開始した。

インターネット情報弁公室は「ネット情報サービス」を初めて定義し、これらのサービスのほかニュース配信や検索エンジンが含まれるとした。

ウィーチャットの公式アカウントで、オンラインサービスの監督を拡大することが「インターネット情報サービスの健全かつ秩序立った発展を促す」と指摘。市民と団体の権利・利益を守り、国家安全保障と公共の利益を保護すると説明した。

意見公募は2月7日までとしている。

中国当局はこれまでインターネットサービスについて「自由放任」の姿勢で臨んでいたが、このところIT大手企業への締め付けを強化している。

ある弁護士は具体的な方針を示すことの主な狙いは、行政部門が規則を施行しやすくすることにあるとの見方を示した。また「規制当局は長い年月を経て(インターネットサービス)業界に関する理解を深めた」と指摘した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  8. 8

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。