記事

女子大生ウーバー配達員 男性客に「スクショした」と言われて

1/2


フードデリバリー「ウーバーイーツ」の看板(時事通信フォト)

 この数年、景気は回復したと言われ続けたが、こと雇用に関しては信用ならないのが実情だった。2013年1月に比べて2020年1月の正規労働者は173万人増えたが、非正規労働者はさらに322万人も増加。雇用の調整弁として、あらかじめ用意された存在が増えていただけだった。新型コロナウイルスの感染拡大によって、さっそく調整されてしまった非正規労働者から、少なくない人たちがフードデリバリーの配達員に転じ、街角で大小様々な軋轢も生じさせている。俳人で著作家の日野百草氏が、雇用調整の波に巻き込まれウーバー配達員をしている女子学生についてレポートする。

【写真】ウーバーイーツ配達員

 * * *

「もしかしてウーバーの取材ですか」

 年末の都内ファストフード店前、珍しく若い女性のウーバー配達員(配達パートナー)がいたので声をかけてみたらこの反応。

「地蔵はしてませんよ? 寒いし」

 何もかも見透かされてしまった。それにしても今日はとくに寒い。女性はマヨさん(仮名・20代)、おしゃれな20インチのミニベロだがウーバーの配達に使うには大変そうだ。

「うちのアパート駐輪場がいっぱいだし盗難怖いんで、部屋に入れるとなるとこれが限界なんですよー」

 語尾を伸ばして気さくに明るく笑うマヨさん、防寒で着膨れてモッコモコな上に大きなウーバーの箱を背負っている。もしかして最近始めたのでは?

「そうなんですよー、でもだめです。稼ぐ人はすごいと思います」

 良くも悪くも都会の風景として定着したウーバー配達員、筆者の見る限り、女性の配達員はとても少ない。

「お地蔵さんって言えば、警察がお地蔵さんたちに聞いてまわってましたよ、揉めてる人もいました」

 警察の地蔵狩りだろう。10月ごろから筆者も見かけているし、大規模なものは池袋であった。店舗前の路上で配達のリクエストが鳴るまでじっと待つ配達員、通称「ウーバー地蔵」に職務質問をして、ときには身分証の提示などを求めている。もっとも警察は地蔵だから逮捕するわけではない。目的は外国人不法滞在者のあぶり出しだ。

 2020年10月、神戸で外国人男女が出入国管理及び難民認定法違反の不法残留容疑で逮捕された。彼らは2018年9月に技能実習ビザで入国したが、ビザが切れた後も不法に日本に滞在してウーバーイーツの配達をしていたという。この逮捕、ウーバーイーツの地蔵中の逮捕で、「ウーバーイーツの人たちが路地でたむろしている」という通報による職質がきっかけだが、以後、ウーバーイーツの地蔵を職質すれば不法滞在者を芋づる式に捕まえられるとばかり、警察の地蔵狩りが頻繁に目につくようになった。

「地蔵してる人と一緒にいるのもなんだか怖いし、縄張りみたいなのもあるみたいで地蔵はしません。寒いし」

名前と顔写真が人質ですから、不安ですね

 そんな殺伐とした生存競争激しい「個人事業主」ウーバーイーツ配達員。肉体労働に従事する女性はたくさんいるし、体力的な問題というわけでもないだろう。女性の少ないことに理由はあるのだろうか。

「やっぱり顔写真じゃないですか、注文した人に見られちゃいますから、敬遠する女の子は多いかもしれません」

 かつて、ウーバーイーツが日本にそれほど浸透しなかった時期があったのは、この「顔写真」問題もあった。海外では当たり前の実名顔出し上等文化も、匿名文化の強い日本では敬遠された。それまでの日本のデリバリーはせいぜい名前だけ、顔と名前が一致したデータを客に渡すことなどまずなかった。古くからの蕎麦屋とか寿司屋の出前なんて「とりあえず電話注文を持ってくる人」というだけで、馴染みでなければ名前なんか知らないだろう。

知っていたとしても『サザエさん』に登場する「三河屋のサブちゃん」(本名・三郎)程度の認識か。ピザ屋にはネームプレートを下げているデリバリースタッフがいるが、名前なんてよほどの問題が発生しなければ気にもしないだろう。しかしウーバーイーツは配達先の人のスマホに顔写真と名前がバッチリ晒される。写真は小さいし客に表示される名前はファーストネーム(先のサブちゃんなら「三郎」)だけだが、副業禁止と定めている会社が多く、身バレに神経を使う市井の日本人にとっては抵抗あるのも無理もない。

「でも指名はないんですよ、写真とか評価で選ばれないんです。面白いなと思いました」

 そう、配達員の指名はできない。あくまで自動抽選されるマッチングアプリでしかないので配達員、店、客の三者がそれぞれ評価をつけるのがせいぜいだ。この顔写真、自己紹介や趣味を入力して配達先とのコミュニケーションや会話を充実させる役割もあるそうだが、いかにもアメリカンな仕様だ。本当にこのウーバーイーツのシステム、これまでの道路交通法上の問題や雇用上の問題も含め、現時点ではつくづく日本に合っていない。「こまけぇこたぁいいんだよ」からスタートして「便利」の一点突破で普及したところはかつてのAmazonに通じるところがある。

「写真があるとお客さんが安心するんですかね、お客さんは拒否できないのに」 客は配達員の拒否ができない。つまり、ウーバーイーツはマッチングアプリとしてのアカウント停止という最終判断は下すが、それには客と店による評価の積み重ねに委ねられている。また客は配達員の拒否は出来ないが、受け取りの拒否は可能である。もちろん配達員側も客を評価機能でそれが正しかったか否かの評価はできる。

 しかしすべてはAIによる自動判断、結局のところウーバー側がマッチングアプリとして配達員に対するアカウント停止を実行しなければ単なる数字上の積み重ねでしかないし、客は評価の低い配達員でも拒否できない。これも不正にアカウントを複数、作成するなどして配達回数を増やし、お互いに融通し合うことで「成りすまし配達」していると噂される外国人グループの出現を容易にした一因と筆者は考える。

「寒いですし、完全防寒の地味な格好にしてます。なるべく変な目に遭わないように」

 変な目、とは客とのトラブルのことだ。マヨさんは数日前、「やった女の子だ」「マヨちゃん、かわいいね」「スクショしたからね」とアパートの男性客に言われたという。もちろんその男はマヨさんの写真も名前もしっかり自分のスマホに残しただろう。怖くないのか。

「怖いですけど、そんなの気にしてたら働けないですよ」

 残念ながら、そんなの気にしていたら働けないほどに、女性が働く上での性的な被害が大なり小なり起こり得るのが日本社会だ。マヨさんは友人の例も話してくれた。

 例えば、テレアポのバイトをしている友人は年中いやらしい電話が特定の男からかかってくる。その男、もはや名物男の域に達しているという。他にもバイト先の客につきまとわれたり、出待ちされたり、家までつけまわされたり。社会的なセクハラは配達員に限らず、働く若い女性、とくに接客業やそれに類する仕事の女性につきものの悩みだ。拙ルポ「ベトナム人女子留学生がバイト先のコンビニで感じた身の危険」でも言及したが、男性労働者にも悩みはあるのは当然として、若い女性の労働者にはそこに性的なハラスメントが加わる。

あわせて読みたい

「UberEats」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。