記事

「コロナは治ったのに転院先が見つからない」救急の最前線でいま起きていること

1/2

日本で最も救急搬送患者を受け入れている湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市)の救命救急センター(ER)。2020年1月から12月までのER受診総患者数は4万3199人、さらに同年2月から2021年1月3日までに798人の新型コロナ患者の入院治療を行ってきた。同院では救急の発熱外来を訪れるおよそ「6人に1人」が新型コロナ陽性患者という。 私はこの年末年始、「絶対に救急患者を断らない」という同院に密着取材した。同院各科の医師、そして周囲にある地域の病院が、救急医療の最前線で奮闘する現場をリポートする——。(第2回/全3回)(取材・文=ジャーナリスト・笹井恵里子)

湘南鎌倉総合病院のERの様子
湘南鎌倉総合病院のERの様子 - 筆者撮影

男性は「診療拒否同意書」にサインし、ERを去った

2020年年末の湘南鎌倉総合病院ERにもさまざまな人が訪れ、一時期はごったがえしていた。

「死んでもいい。俺は帰るよ」

50代男性患者の大きな声が私の耳に入ってきた。

男性は母親と二人暮らしで、飲食店を経営している。2週間前から咳が出て、症状は治まりつつあるものの、なかなかスッキリとよくならないと近所のクリニックを受診したところ、血液中の酸素の値が悪かった。クリニックの紹介でERを受診し、「肺炎」と判明。しかし詳しい検査を受けてもらえないため、肺炎は肺炎でも、細菌性なのか、新型コロナのようなウイルス性のものかはわからない。

ERでの診療の様子
ERでの診療の様子(筆者撮影)

「コロナの影響で客が激減した。週末やっと多くの客が入るんだ。休むわけにはいかない」

おそらく忘年会、新年会のことを指しているのだろう。担当医は何とか治療を受けてもらおうと説得する。

「医師として自宅に帰ることは絶対に勧められません。あなたの今の状態は低酸素状態。慢性的に低酸素にさらされれば、軽い肺炎でも悪化しますし、脳の細胞にも影響します。周囲の方への感染も心配ですので、お仕事も休んでください。このままでは死んでしまいます」

それに対して男性が返した言葉が、前述の「死んでもいい」だった。男性は「診療拒否同意書」にサインし、ERを去った。

「他所で断られる患者が、うちの病院に集まってくる」

医療介入を必要とする患者は「新型コロナか、そうでないか」という単純な2分類ではない。むしろ、単に「新型コロナ陽性患者」だけなら、自宅療養でOKなのだ。

同院救命救急センター長の山上浩医師によると、「自宅で療養していた新型コロナ陽性患者の状態が悪くなった時、救急車が呼ばれる。そして、他所で断られる患者が、うちの病院に集まってくる」という。陽性患者の救急搬送であるから、急きょ隔離したスペースが必要になる上に、複数の疾患を併せ持つことが多いため、大半の病院から敬遠されてしまう。

例えば新型コロナ陽性患者が脳出血を発症したり、転倒して骨折したり。特にがんや糖尿病などの生活習慣病を患う高齢者は重症化のスピードが速いため、診療に不慣れな医師は受け入れを拒みやすい。ほかにも透析を受ける患者が新型コロナに感染すれば、当然透析の準備も必要になる。

「ウイルス感染を疑う軽症の人を診るスペース」をつくった

同院では新型コロナ陽性の透析患者も多数受け入れている。私の目の前で、透析のための機器と場所が足りなくて、慌ただしく対応した場面もあった。

もちろん新型コロナと全く関係なく、ほかの原因による肺炎、脳血管心疾患、交通事故、不慮の事故の患者もERを訪れる。

仕事で「電撃傷」(感電)を負った人、飲酒後に転倒して外傷性くも膜下出血を発症した80代の男性、路上で殴り合いの兄弟げんかをして顔面から血を流す40代男性、サッカーの自主練をしていて足を脱臼した10代の男の子など、年末年始も次々に患者が運ばれてきた。

「救急現場にはなんの病気が潜んでいるか、どこが傷ついているか、わからない人がたくさんきます。今回は“感染症の蔓延”という特殊な状態ですが、それでも普段の救急体制と基本的には変わりません。常日頃から救急体制が機能している病院であれば、どこも普段と同じでしょう。ただ隔離スペースをどうするか、それが一番の悩みでした。一時期、内科や外科などほかの科の先生方にERに入ってもらおうという話になったのですが、普段さまざまな患者を見慣れていないと混乱が起きると思い、『ウイルス感染を疑う軽症の人を診るスペース』をつくったのです」(山上医師)

院外に建てられたプレハブのコロナ臨時病棟
院外に建てられたプレハブのコロナ臨時病棟 - 筆者撮影

それが院外に設置されたプレハブの「発熱外来」だ。救急外来でのトリアージで「軽症」とER看護師に判定され、さらにウイルス感染が疑われる場合、ここにまわされる(図表参照)。同院の場合、発熱外来を受診したおよそ「6人に1人」が新型コロナ陽性だという。

湘南鎌倉総合病院の救急医療(ER)体制

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  6. 6

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  8. 8

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。