記事
  • SmartFLASH
  • 2021年01月08日 15:18 (配信日時 01月08日 11:00)

『世界ネコ歩き』岩合光昭監督が撮った「ネコの家族愛」北海道の牧場編

助け合って暮らす、牧場のネコたち

 ネコとネコ、ネコと人、ネコと街。まっすぐに生きるネコたちの目線で描く、人気ドキュメンタリー番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』。2012年の放送開始以来、日本中のネコ好きはもちろん、ネコたちも(!?)テレビに釘づけになっている。

 そんな『ネコ歩き』の劇場版第2弾が、1月8日に公開される。舞台は、北海道の牧場とミャンマーのインレー湖。水と大地の上で繰り広げられる、ひたむきなネコたちの物語だ。今回は、作中の北海道編から、厳選シーンをお届けしよう。

 北海道で撮りたかったもののひとつが、「協同保育をする母ネコたち」だったという岩合光昭監督(70)。牧場では20匹ほどのネコが、親牛牛舎と仔牛牛舎に分かれて暮らしている。

「春になると複数の母ネコが出産するんですが、よく見ていると、子ネコはいろいろなお母さんからおっぱいをもらっているんです。思わず、『キミの本当のお母さんは誰なの』って聞いていましたよ(笑)」

 大自然に抱かれた牧場で、ネコたちは助け合いながら生活するという。

カーショ(左)とヒメ(右・母)親子

「親牛牛舎にヒメという母ネコと、その息子・カーショがいました。通常、オスネコは1歳くらいになると親から離れて独立するものなんですが、カーショは3歳になっても一緒にいるんですね。

 これは、とても珍しいことなんです。子供の面倒をみているあいだは、次の繁殖ができませんから。ところが、ヒメはカーショが親離れしないのを許している」

 一度は自立しようと牧場から旅立ち、自らの生き方を模索するカーショ。彼の姿を見ていると、「普通じゃなくても、いいじゃない」と、言ってくれているような気がしてくる。

いわごうみつあき
1950年11月27日生まれ 東京都出身 動物写真家。2012年からNHK BSプレミアムで『岩合光昭の世界ネコ歩き』の撮影を開始。2017年に映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』を公開

●『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』2021年1月8日全国ロードショー
監督・撮影:岩合光昭
ナレーション:中村倫也
配給:ユナイテッド・シネマ
(C)「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き2」製作委員会
(C)Mitsuaki Iwago

取材&文・工藤菊香

(週刊FLASH 2021年1月5日・12日合併号)

あわせて読みたい

「ネコ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。