記事

Google Chromeのシークレットモードで快適なブラウジングを!

今日はGoogle Chromeのシークレットモードについてお話します。

シークレットモードとは

さて、この「シークレットモード」ですが、
その名の通り一切履歴を残さずブラウジングが可能となります。
(※履歴が残らないのはローカル上のみです。)

さて、実際にはどういうことなのか…公式サイトの説明を見てみますと、

 
  • シークレット モードで開いたウェブページやダウンロードしたファイルは、閲覧履歴やダウンロード履歴に記録されません。
  • 新しい Cookie は、開いているすべてのシークレット ウィンドウを閉じるとすべて削除されます。
  • シークレット モードの使用中に変更した Google Chrome のブックマークや全般設定はすべて保存されます。
  •  

とのことです。
この機能によって以下のような使い方が可能です。

  • 共有PCを使用している場合で、他人に気を使わず自分が好きなサイトを巡回出来る
  • 他人のPCを使用中にwebサービスにログインする時、履歴を残さずにログインが可能
  • 検索結果のパーソナライズ化を無効化させた状態で検索エンジンが利用可能

シークレットモードで起動する

シークレットモードを立ち上げるためには、ブラウザの設定から「シークレットウィンドウを開く」を選択するか、
Ctrl + Shift + N のショートカットを使用します。

リンク先を見る

シークレットモードだとブラウザの左上に諜報員を彷彿させるキャラクターが表示されます!

常にシークレットモードにする方法

常にシークレットモードを使用したい方には毎回ブラウザをたちあげてからシークレットモードを起動するのは面倒ですよね。
そこで常にシークレットモードで起動する方法の紹介です。

      1.Google Chromeのショートカットを作ってください。
      2.次にそのショートカットを右クリックし「プロパティ」を選択してください。
      3.リンク先の末尾に「 –incognito」の文字列を追加します。
      4.OKを押して完了です。

リンク先を見る

特定のサイトだけシークレットモードを起動する

特定のwebサイトだけシークレットモードを使いたい時は、Autonitoという拡張機能があります。

リンク先を見る

シークレットモードで快適なGoogle Chromeライフを!

あわせて読みたい

「Chrome」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  3. 3

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  4. 4

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  5. 5

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  8. 8

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  9. 9

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  10. 10

    「週6で働いて手取り15万円」「23時まで残業して月16万円」 低すぎる手取りに疲弊する人々

    キャリコネニュース

    05月18日 16:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。