記事

菅義偉研究「小池百合子知事との本当の仲」

小池百合子知事との本当の仲

「大丈夫だ、諦めるな」

2017年7月2日に行われた東京都議会議員選挙の際、投開票日直前の金曜日に当たる6月30日に、当時官房長官を務めていた菅義偉現総理が私の地元に選挙応援に入ってくださいました。そのときに何度もかけていただいたのが、この言葉です。

小池旋風が吹き荒れた2017年東京都議会議員選挙で川松氏のもとに応援に駆けつけた菅首相
小池旋風が吹き荒れた2017年東京都議会議員選挙で川松氏のもとに応援に駆けつけた菅首相(日刊現代/アフロ=写真)

当時は小池百合子東京都知事率いる都民ファーストの会の旋風が巻き起こり、私も含め自民党公認候補は非常に苦しい戦いを強いられていたさなかでした。「もはや勝ち目はない」と私自身覚悟したほどでしたが、菅さんは選挙戦の最終盤に気迫に溢れる応援演説をしてくださったのです。「応援に入ったのに落選してはみっともない」と当落線上の議員の応援に行くことを控える場合もあるなかで、菅さんは損得を考えずに応援に来てくださった。私にとって大変ありがたく心強いことでした。

そのときの演説は、官房長官時代の会見での淡々とした語り口とは少し違う、熱のこもった演説でした。そこには、言葉の重さと同時に、叩き上げである菅さんの人情の機微、義理人情に厚い一面が垣間見えます。

菅さんの話し方は、派手なワンフレーズに頼らずとも、人々の心に訴えかける力を持っているように感じます。

私自身、アナウンサー職を務めた経験から言えば、アナウンサーにもキャッチフレーズを前もって用意しておき、ここぞというときに切り出すタイプと、状況を理解したうえでその都度、適切な言葉や描写を選ぶタイプがいます。同様に、政治家のスタイルも派手なスローガンで国民にインパクトを与えるタイプと、状況や政策を理解したうえで適切な言葉を選んで発言するタイプがいますが、菅さんは間違いなく後者に当たります。

菅さんの言葉には、常に責任が伴っている

迎合せず、できないことは言わない。リップサービスはしない。思い付きや問題意識だけで無責任にパッと口にするのではなく、解決のために何が障壁になっているのかなどをすべて理解し、自分自身が納得してから言葉にされている。つまり菅さんの言葉には、常に責任が伴っているのです。

携帯電話料金の値下げにしても、単なる国民受けを狙っての聞きかじりではなく、ずいぶん前から専門家に話を聞き、料金体系の構造、業界の状況、値下げの目算などを菅さん自身が理解し、ご自身のフィルターを通したうえでお話しされている。だからこそ菅さんの言葉には説得力があるのでしょう。言葉が「生きて」いるのです。

しかも「俺が俺が」とご自身が前に出るのではなく、時に一歩引きながら、人や制度、構造そのものを動かしていく。自身が脚光を浴びることよりも、政治を動かし、国民生活を向上させること、つまり結果に重きを置く菅さんの「仕事師」的な姿勢のなせる業なのではないでしょうか。

近年、政治が「ポピュリズム化」「劇場化」しているといわれます。小池都知事のように、「東京大改革」などとぶち上げれば確かに目立ちますが、では実際に都民生活、あるいは行政が改善されたのかといえば、甚だ疑問です。

一方、菅さんの姿勢は、こうしたパフォーマンスとは全く無縁です。もし日本の世論が、パフォーマンスによってつくられた「ふわっとした民意」に左右されるとなれば、それは菅政権の一番の敵になるでしょう。菅総理がコロナについて「東京問題」と発言し、小池都知事が挑発的に反応したことで、菅さんと小池さんが不仲だと煽るメディアもありました。しかし、菅さんには、小池都政を批判する意図はなかったのです。東京における感染拡大が収まるまでは、コロナが解決したとは言えないというのが真意でした。

しかし、もし「制度と制度の隙間でもがいている人たちに手を差し伸べる」「困っている人の生活を少しでも良くしたい」という政治の基本や原点を地道に追求する菅さんの政治が国民に評価されることになれば、この国は大きく変わる。菅さんの政治スタイルを国民がどう受け止め、評価するかは、今後の日本を左右する大きな転換点になるのではないでしょうか。

----------

川松 真一朗(かわまつ・しんいちろう)

東京都議会議員

1980年、東京都生まれ。日本大学法学部法律学科卒業。テレビ朝日アナウンサーを経て、2013年、東京都議会議員に初当選し、現職2期目。自民党東京都連青年部長。都議会自民党総務会副会長、都議会オリンピック対策特別委員、都議会公営企業委員。

----------

(東京都議会議員 川松 真一朗 構成=梶原麻衣子 写真=日刊現代/アフロ)

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。