記事
  • ロイター

米マイクロン、9-11月売上と12-2月売上見通しが市場予想上回る


[7日 ロイター] - 米半導体大手マイクロン・テクノロジーが7日示した第2・四半期(12―2月)の売上高見通しは58億ドル(プラスマイナス2億ドル)で、リフィニティブのIBESデータに基づく市場予想(55億ドル)を上回った。

同時に発表した第1・四半期(9─11月)決算でも、売上高と1株利益が市場予想を上回った。

新型コロナウイルス流行に伴い世界的にリモート勤務が進んでいることで、パソコン向けとデータセンターサーバー向けの半導体の需要が堅調なほか、第5世代移動通信システム(5G)対応スマートフォンの普及も同社の半導体需要を押し上げた。

決算を好感し、引け後の時間外取引でマイクロンの株価は1.4%上昇。

マイクロンはここ1年、半導体の供給過剰による価格低迷に悩まされてきた。

だが、サンジャイ・メロトラ最高経営責任者(CEO)は、世界経済が新型コロナウイルス危機から回復するにつれて2021年には需給が引き締まるとの見方を示した。

9─11月売上高は約12%増の57億7000万ドルで、市場予想の57億3000万ドルを上回った。

特別項目を除いた1株利益は0.78ドル。市場予想の0.71ドルを上回った。

マイクロンは昨年9月、米政府が同社の主要顧客でもある中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への半導体輸出を禁止したことを受け、9─11月売上高への影響を見込んでいた。

だが、12月初めに9─11月売上高見通しを上方修正。7日の決算発表では、「マイクロンのモバイル事業の顧客をファーウェイから他社に予想以上にうまく移行できたことが(9─11月)の売り上げ増加に寄与した」と説明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。