記事
  • ロイター

北極圏保護区の鉱区借用権入札、落札は半分程度 関心の薄さ鮮明


[6日 ロイター] - 米国で6日、北極圏国立野生生物保護区(ANWR)の鉱区借用権の売却入札が実施された。落札されたのは半分程度にとどまり、アラスカ産業開発輸出公社(AIDEA)が大半を落札した。

落札総額は1440万ドル前後。2019年に行われたANWRの2件の借用権(10年)の落札額18億ドルを基にした議会予算局(CBO)の予想額を大幅に下回った。

米国内の化石燃料と鉱物開発の拡大に取り組むトランプ大統領にとって、今回の入札は看板政策の1つだったが、石油・ガス産業の関心の薄さが鮮明になった格好だ。バイデン次期大統領は、ANWRの保護を訴えており、連邦政府の土地における新たな石油・ガス鉱区の借用権売却を禁じる方針を示している。

土地管理局(BLM)によると、今回落札されたのは22トラクト中の半分、面積では全体の50%だった。AIDEAが9トラクトを落札し、小規模な独立系企業のキンク・アーム・サービシーズとリジェネレート・アラスカが2トラクトを落札した。

入札について、ホワイトハウスはコメントしていない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  9. 9

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  10. 10

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。