記事
  • ロイター

米USTR、イタリアなど3カ国のデジタル課税「不合理」と指摘


[ワシントン 6日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)は6日、米通商法301条(貿易相手国の不公正な取引慣行に対して関税引き上げなどの制裁を認める条項)に基づくデジタル課税への調査結果を発表し、インド、イタリア、トルコが導入しているデジタルサービス税は米企業を差別する措置で、国際税務慣行と合致しないと指摘した。

USTRは、現時点で対抗措置はとらないとしたが、「引き続き可能なあらゆる選択肢を評価していく」と述べた。

調査報告は、インド、イタリア、トルコのデジタル課税について、利益でなく売上高を課税対象としていることなどが国際税務慣行と合致せず、制度が透明性に欠けるとして「不合理」と指摘した。

トランプ政権は昨年、フランスのデジタル課税への対抗措置として化粧品やバッグなどに25%の追加関税を課すと発表した。1月6日は実施猶予期間の期限だったが、予定通り追加関税が発動されるかは不明。ロイターは、USTRや米税関・国境取締局(CBP)に何度か問い合わせたが、コメントを得られていない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。