記事

緊急事態宣言で銀座のワインバーはどうすべきか?

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

明日から東京など一都三県に緊急事態宣言が発令されることになりました。飲食店は午後8時までの営業を要請され、従わない場合は店名公表されるそうです。もはや「公開処刑」による集団リンチの世界です。

私が経営するワインバーのようなお店の場合、午後8時閉店とは、営業をやめなさいと言われてるようなものです(写真はアペタイザーの盛り合わせ)。

では、これからの1ヵ月間、果たしてどのように営業したら良いのでしょうか。いくつかのプランを考えてみました。

<プランA> 2月7日までは完全閉店とする
店を閉めてしまえば人件費や仕入れコストを抑えることができます。しかし、家賃はフルにかかってきますし、スタッフのモチベーションの低下は避けられません。

<プランB> 2月7日までは事前予約の場合のみ、午後8時まで営業する
現実的な方法ですが、果たして事前予約がどれぐらい入るのか。あまり期待できないと思います。食材の準備やスタッフの手配などもあり、前日予約では間に合わないかもしれません。

<プランC> 開店時間は夕方5時から3時に繰り上げ「午後飲み営業」を始める
緊急事態宣言中はそもそも外出する人も減りますから、午後から営業しても来店客はあまり期待できません。それに、そもそも営業自粛要請の趣旨に反しているような気もします。

<プランD> テイクアウトの研究をして「ゴーストレストラン」を目指す
テイクアウトといっても、元々はお店でワインに合うお料理を提供するコンセプトですから、お料理だけの注文が入るかは分かりません。また、テイクアウトはそれほど簡単に参入できるものではないこともわかっています。

いずれのプランも、やらないよりマシかもしれませんが、通常営業をカバーするほどの威力は恐らくありません。

幸い、営業自粛の協力金がもらえるようなので、そのお金で家賃や維持費用をやりくりしていくことになりそうです。

この1年でわかってきたこと。それは、お店を開けてグループのお客様を待っている今までの飲食店の営業形態はもう成り立たないということです。

これからどうするか。目先のことだけではなく、「長期的な視点」で考える段階になったと感じています。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年1月7日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「緊急事態宣言」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  3. 3

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  4. 4

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。