記事

「外国特派員から見た日本のメディア」ブロガーミーティングに参加して思ったこと

BLOGOS×日本財団主催のブロガーミーティング「外国特派員から見た日本のメディア」に参加しました。ニューヨークタイムズ東京支局長のマーティン・ファクラーさんとAP通信特派員の影山優理さんが講師となり、海外メディアの記者の目から見た日本の報道機関、報道の違いなど大変興味深い話をしてくれました。


マーティン・ファクラーさんは、これまでの経験を通じて日本のメディアは、いまだにお上が言ったことを下に伝える体制が残っていると言われていました。日本のメディアは基本的に政府が発表するものをそのまま伝える「発表ジャーナリズム」が多く、本当にそうなのか疑問を抱き、現場がどうなっているのかという深い分析に基づいた報道が少ないと述べていました。特にそれが顕著になったのは、3.11であり、メディアからの報道内容と現実で見たことが乖離していることに市民が気づき、日本のメディアに大きな変化が必要であることを気づかせる転換点となったと述べていました。

日本とアメリカの報道の違いについても興味深い話がありました。影山優理氏が語っていましたが、AP通信などの海外メディアの記者が書く記事は、誰がその記事を書いたのか必ず記者名を明示する署名記事であり、個人が説明責任をもって記事を書くことが基本になっているが、日本では記者名が明示されていない記事が多く、誰が書いたのか分かりにくい、つまり責任の所在が分かりにくいと述べていました。

日本とアメリカの政治報道の違いについても述べていましたが、マーティン・ファクラーさんは、特に日本の新聞では、政治家個人の動きに関する記事ばかりで、どの政党が日本をどのように変えるのかいった深い分析がなく、表面的な内容ばかりで、「木を見て森を見ていない」内容の記事が多いと言われていました。

また、基本的に日本のメディアでは何が起きたのかという何らかの出来事を伝える記事が多く、しっかりとした調査に基づいた調査報道が少ないとも言われていました。日本で評価されるのは特ダネであり、いかに他のメディアより早く報道するかという「くだらない競争」に明け暮れていると言われていました。

さらに「アクセスジャーナリズム」といって、権力側から情報を引き出すために、権力側に近づいたり、情報をくれる当局などを批判しなくなるようになる動きが、日本だけでなく世界でもあることを紹介したうえで、特に日本のメディアは権力側にすり寄る傾向があり、権力から距離感をもって、庶民側に立った権力を監視していく意識が薄いのではないかと述べていました。そして、こうした傾向性を助長させる記者クラブの存在を問題視していました。

今回お話を聞いて、非常に共感できる部分があったので、会場で売られていたマーティン・ファクラーさんが書いた著書『「本当のこと」を伝えない日本の新聞』という本を買ってみました。内容がおもしろいので一気に読んでしまいました。本の最後の章に「新聞の変革に日本の民主主義が隠されている」という章がありました。その中で、戦後、日本人自身が自分たちの力で民主主義を獲得したわけではないので、自分達の力で民主主義を守ろうという意識が低く、「国やお上に任せていれば、平和な世のなかが築かれる」という意識が日本を形作ってきたのではないかとありました。そういえば、日本で水戸黄門が人気を得たのは、困ったときにお上がやってきて悪い人を成敗してくれるという日本人のメンタリティにあっているからという話を聞いたことがあることを思い出しました。こうしたメンタリティを脱却していくには、メディアだけにまかせるのではなく私達1人1人が能動的に権力を監視して、自ら民主主義を勝ちとっていく意識を持つようにならなければいけないことを実感しました。

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  5. 5

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。