記事
  • ロイター

物言う株主、昨年は要求自重でもファンド成績良好


[ボストン 6日 ロイター] - 物言う株主(アクティビスト)は昨年、新型コロナウイルスのパンデミックという異例の事態を受け、企業への経営改革要求は総じて手控える傾向が目立った。ただウィリアム・アックマン氏やグレン・ウェリング氏など、傘下のヘッジファンドの投資リターンが過去最高を記録したケースも少なくない。

例えばアックマン氏のパーシング・スクエア・ホールディングス・ファンドの場合、年間リターンは70.2%と、2019年の58%をしのぐ好成績を挙げた。ウェリング氏が率いるエンゲージド・キャピタルのリターンも51%で、19年の34%を上回った。

過大評価されているとみなした銘柄に空売りを仕掛けるアンドリュー・レフト氏のファンドは、設立した19年も43%と健闘したが、昨年は155%にリターンが跳ね上がった。

ダニエル・ローブ氏のサード・ポイント・オフショア・ファンドは20.6%で、13年の26%以来の高いリターンだった。

ヘッジファンド・リサーチのデータによると、昨年第1・四半期の業界平均リターンはマイナス27%だったものの、1─11月は株価の持ち直しを背景にプラス6.7%まで盛り返した。アクティビストのファンドも、こうした流れに沿った成績となった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  9. 9

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

  10. 10

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。