記事

コロナに有効な手だてを打たなかったのはだれ? その一方で、命令に従わなければ罰金50万円?

「より強いメッセージが必要」とはこういうことか。

正月4日に行われた菅義偉首相の年頭の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えていく考えを表明する中で言った。

罰則付きの休業要請ができることを盛り込んだ特別措置法改正案を国会に提出することも言明したが、6日夜の毎日新聞のデジタルニュースによると、「休業の『命令』違反業者に50万円以下の過料」とする政府原案が明らかになったということだ。

これが「より強いメッセージ」の1つということだろうか。

昨年末来の感染の急激な感染拡大が起こらないよう適切な措置を取るべきであったが、有効な手だてを打てなかっただけでなく、第二波の収束が見えず感染拡大をもたらすリスクが心配されたにもかかわらず「GO TOキャンペーン」を推し進め楽観ムードを煽ったことによってもたらされた政治による害という面がある。
その政策自体に間違いはなかったかを問うことは一切なく、今度は店のほうに強制力をもって従わせようとしている。

なんだか、割り切れない気がする。

あわせて読みたい

「緊急事態宣言」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  5. 5

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。