記事

石田純一氏が不倫問題を語る「復帰するなという権利は誰にもない」

不倫芸能人の復帰について石田純一はどう考える?(写真/共同通信社)

 昨年も数多くの有名人たちが、不倫を報じられ、非難を浴びた。不倫が発覚すると活動を自粛するケースも多いが、そこからの復帰はそう簡単ではない。不倫芸能人の復帰は容認されるべきか否か──。俳優・石田純一が見解を述べる。

 * * *
 不倫にもいろいろ事情があるんです。言い方が悪いけど、遊びだけのケースもあれば、本当に好きになった人がたまたま結婚していたということもある。別に望んでいるわけではないと思うけど、恋愛の形として、不倫は世の中に多く存在するんです。

 アンジャッシュの渡部建君の件をひどいと思う人もいるかもしれない。「私は不倫をしない」と否定するのも、「不倫する人は絶対嫌い」という考えももちろんありだし、自由です。

 ただ、僕は不倫を全否定しようとは思わない。嫌がる人と無理やりやっちゃったとか、誰かを脅したとかいうわけでもない。不倫は犯罪ではないんです。不愉快な気持ちはわかるけど、裁判官のように「芸能界に戻ってはいけない」とジャッジする権利はないと思います。

(コロナ禍のゴルフ、合コンなどを報じられ)結果として僕に仕事をオファーしてくれる方が少なくなりました。だから今年はYouTubeとかも始めるつもりです。渡部君もそうだけど、それは結果的にそうなってしまったことであって、「復帰するな」と言う権利は誰にもないんです。

 不倫した芸能人の復帰を許さないって言う人たちには、胸に手を当ててみてほしい。僕の勝手な推測だけれど、男性でいうと7~8割くらいは、不倫経験があるんじゃないですか? その人たちが全員、カミングアウトして、会社も仕事も一切辞めなさいと言われたらどうなりますか。復帰反対派の言っていることはそういうことですよ。

※週刊ポスト2020年1月15・22日号

あわせて読みたい

「石田純一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  6. 6

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。