記事
  • ロイター

金融サービス巡るEUの立場は「問題」、離脱受け英中銀総裁


[ロンドン 6日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は6日、英国が欧州連合(EU)から完全に離脱した後の金融サービスについて、EUの立場には問題があるという認識を示した。

年初からの完全離脱に伴い、英金融機関によるEU市場への全面アクセスは終了し、「同等性」と呼ばれるEUの制度が適用される。同等性とは、EUが外国の銀行、保険、その他金融機関に対し、母国のルールがEUと「同等」に頑健だと見なされる場合に限って市場アクセスを与える制度だ。

ベイリー氏は「なぜ人々がオープンマーケットを敬遠したがっているのか理解しかねるが、EUは規制に関する将来的な意向について、英国からさらに多くの情報を求めているというのが現状だ」と議会で語った。

さらに「同等性については、率直に言って非常に問題があると思っている」と指摘。英国のルールを固定化したり、EUに歩調を合わせるように変更したりすることは現実的でなく、アクセス向上の対価として盲目的にEUのルールに従うべきでないと訴えた。

総裁は、市場アクセスを確保するために英国がEUのルールをおとなしく受け入れることがあってはならないと主張。英国の銀行が配当金の支払いを自由に決定できることを望んでいるとし、英中銀が昨年、配当金の支払いを禁じたのは新型コロナウイルス感染拡大を受けた例外的な措置だったと述べた。

EU離脱の結果、金融サービス業界では5000─7000人の雇用が失われたものの、一部の予想ほどは膨らんでいないとした。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  2. 2

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。