記事

総務省、社会人のためのデータサイエンス入門を無料開講


総務省は2021年1月12日開講予定の「誰でも使える統計オープンデータ」に先駆け、「社会人のためのデータサイエンス入門」を特別開講した。登録料および受講料は無料。

本講座では入門編として、統計学の基礎やデータの見方・データの取得方法などを学べる。統計学の基礎を学ぶことで、活用編の「誰でも使える統計オープンデータ」をより効果的に受講できるという。

本講座のコースは4つの部分に分かれている。第1週では、社会でデータがどのように活用されているかについて、実際のデータを用いた分析事例を紹介する。第2週では、データを理解し、分析する際に必要な統計学の基礎について学ぶ。第3週では、日ごろ目にすることの多いデータの見方について学習する。第4週では、誰もが入手可能な公的統計データをインターネットで簡単に取得する方法について説明してくれる。


講師は、『統計学が最強の学問である』(ダイヤモンド社)などの著書で知られる統計家の西内啓氏、滋賀大学データサイエンス学部講師の伊達平和氏、横浜市立大学データサイエンス学部教授の土屋隆裕氏ら(※講師の肩書きは講座を制作した2018年5月のもの)が務める。なお、本講座は2020年5月19日に開講したものと同じ内容を特別に再度開講する形となる。

【「社会人のためのデータサイエンス入門」概要】
・前提条件:特になし
・課題内容:各週確認テスト 選択式の問題(7問程度)、最終課題 選択式の問題(20問程度)※2020年5月19日に開講した講座の課題と同じ内容。
・修了条件:本講座では「修了証」は発行されない。
・学習時間:4週間 ※ 本講座はWeek1~Week4までの講義動画および課題、解答・解説が開講日に一斉に公開される。

総務省が統計オープンデータに関する無料講座を開講、西内啓氏ら講師に

なお、2021年1月12日から開講する活用編の「誰でも使える統計オープンデータ」も、すでに受講者の募集を開始している。登録料および受講料は無料。開講は2021年3月8日まで。

同講座は、社会人・大学生に統計オープンデータを活用したデータ分析の手法をわかりやすく解説するという。政府統計の総合窓口であるe-Stat、総務省および独立行政法人 統計センターが提供する統計GIS、API機能などを使い、統計オープンデータを活用したデータ分析の手法を学べるとしている。

そのほか、詳細は以下の記事をチェックしてほしい。

あわせて読みたい

「総務省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  6. 6

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  7. 7

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

  8. 8

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  9. 9

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  10. 10

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。