記事
  • ロイター

英総合PMI、12月改定値は50.4へ上昇 回復は鈍い


[ロンドン 6日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが発表した12月の英国の総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は50.4と景気判断の分かれ目となる50を上回ったが、イングランドのロックダウン(都市封鎖)で落ち込んだ前月の49.0から小幅な上昇にとどまった。

サービス部門PMIは49.4と5カ月ぶりの低水準だった11月の47.6から改善したものの、依然として本格的な回復に至っていない。

速報値では総合PMIは50.7、サービスPMIは49.9となっており、いずれも下方改定された。

IHSマークイットのエコノミスト、ティム・ムーア氏は「英国のサービス部門は2020年第3・四半期の一時的に盛り返した後、再び低迷したことを12月のデータは示している」と指摘。「これは主に(新型コロナウイルスの)流行拡大で消費者向けサービスへの規制が強化されたことを反映している」と分析した。

英国では12月に新型コロナワクチンの接種が始まり、楽観的な見方が強まっている。事業見通しを示す指数は11月の5年ぶりの高水準付近にとどまっている。

ただ感染者の拡大に歯止めがかかっておらず、ムーア氏は「第1・四半期に経済状況が低迷し、消費が先送りされることをサービス業者は覚悟しなければならない」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  5. 5

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。