記事

緊急事態宣言発出の陰で…防げ「行政崩壊」疲弊する都職員の実態

1/2
謹賀新年。天候に恵まれたつつがないお正月を過ごされたことと存じます。本年も何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
さて、年明け早々1月2日に東京、千葉、神奈川、埼玉4知事による政府への「緊急事態宣言要望」がなされ、明日にも政府により1都3県への「緊急事態宣言」発出が想定されています。

【報道ベースで都民も都議会も知った緊急事態宣言情報】

都民、県民、事業者に多大なるご迷惑と犠牲も強いる重大な情報です。当然各県、県議や県民へ1月2日即日通知があり、議会には以下の通知も同日午後には3県、県議の手元に送られていました。(上田独自調べ)

▲「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発出に関する要望について」通知文

一方、東京都及び小池東京都知事から都から都民や議会への正式な情報提供はされないままに進められ、我々は報道ベースで知るのみ。

感染症対策の主軸を担う福祉保健局、知事お膝元政策企画局、議会局に確認をするも「福祉保健局は入手不能、総務局が担当」との返事だけがきて、担当課長に確認し、ようやく2日後の1月5日午後6時、同日開催された災害対策連絡調整本部会議(第33回)資料が送られてきたのでした。

実に、千葉、埼玉、神奈川に送れること50時間…。
緊急事態状況は東京都知事、東京都庁ににあることを今回皆様にお伝えしたくブログをしたためさせて頂いております。

【またしても感染者、重症者、過去最多を更新】

現在の重症者(速報値)は113人、本日の患者の発生状況(速報値)は1,591人
詳細こちら

東京都では、新型コロナウイルス感染症の重症患者数を日々公表しておりますが、都の重症患者の定義である「入院患者数のうち、人工呼吸器管理(ECMOを含む)が必要な患者数」を公表しています。
一方で、国では、患者の状況ではなく、どういう病床で治療が行われているかという観点も含め重症患者を定義しています。

このため、都で定義する重症患者に加え、集中治療室(ICU)やハイケアユニット(HCU)などの病床で治療されている患者数を加え重症患者数としています。この数字は、なぜか宮坂副知事鳴り物入りの「東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト」 には掲載されず、週一度のモニタリング会議「専門家によるモニタリングコメント・意見」部分で公表。

直近(12/30)の会議資料によれば…

12 月 29 日時点の都基準…重症患者数は 84 人
国基準… 374 人、うち、ICU 入室または人工呼吸器か ECMO 使用は 121 人となっている(人工呼吸器か ECMO を使用しない ICU 入室患者を含む)。

単純計算はできませんが、本日113名ということですから、直近の数値を参考に国基準の重症者指標に照らし合わせますと400名近い重症者ではないかと想像しております。

また、宿泊療養施設部屋数も小池知事は都度「4000室」とは発言していますが、10施設で3,931室を借り上げており、施設の運用を考慮した受入可能数は、2,360室、本日入所者数は870人受入可能数に占める割合は約36パーセントですが、これも掲載されていません。

何故都のコロナサイトで国基準の重症者や療養施設数が公表されないのかナゾなのですが、本日、日本医師会長も「医療崩壊」をさかんに発言されていたわけですから、こうした数字をリアルタイムで出されることが何よりもの啓発につながるのではないでしょうか?

【想定された大晦日の千人越えと緊急事態宣言要望】

大晦日をねらったかのような千人超えは、小池都政パフォーマンスに使う道具になるととう違和感しかないとお姐は直感。この報道を耳にした瞬間、菅総理を出しぬいて

アテクシ小池百合子が「2021緊急事態宣言」→ガースー無能ユリコ有能→Go to 総理路線しか見えない

Twitterで「預言」しておりました。

【民間検査で陽性も放置事案に遭遇】

このような「ジャンヌダルク伝説」づくりに小池知事がまっしぐらの裏で、現場がいかに機能していないかという「事件」に出くわしました。
大晦日を迎えようとする12月30日深夜、「民間検査で陽性になった」と、とある区の都民の方から相談がありました。

まず、相談センターの電話がつながらない。
数時間後やっとつながり、陽性であったことを告げるも「熱がなければ自宅待機」と回答される。
このままで大丈夫か?!不安になり、ご縁を通じてお姐に連絡が来る。

おりしも、様子見をしていた国会議員が急逝される痛ましいニュースが飛び込んできたところであり、「それはありえない!」とお姐も助言及び確実に対応してもらえる窓口を紹介。翌日、居住自治体発熱外来にて検査して陽性となり、即日保健所指導下におかれ、現在に至る。

民間検査とはいえ陽性となった方が、自己申告して下さってそれを放置とは和歌山県知事県政ではあり得ない実態でありました。

兼ねてよりお姐は、私は日本版CDCこそが、保健所だと思っております。
なぜ保健所機能を拡充せずまたしても豊洲問題よろしく著名な専門家を呼んで、モニタリング会議、アドバイザリー会議…屋上屋会議体を職員を疲弊させてつくるのか知事は作るのか全く意味がわからない、感染症に長けた幹部職クラスが退職や病欠など相次いで戦力外となったのは、これは小池知事の「やった感」「やってる感」の「成果」ではないか指摘もしてきておりました。

迷走する小池都政。裏側にあるのは傍若無人“人事”?! 2020.9.29

都の発熱相談センターが24時間対応と言っても、即対応できる発熱外来がなければ意味がありません。そうした体制が整っていないなか、都の相談センター「家にいてくださいで終わり」では当該都民は不安でたまらなかったのではないでしょうか。

この現場の実態は、政府のせいじゃなく東京都、およびその最高責任者者東京都知事の責任なのです。

あわせて読みたい

「東京都」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  5. 5

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  7. 7

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  8. 8

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。