記事

WHO新型コロナ調査 中国入国拒否

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は記者会見で、新型コロナウイルスの起源を調べるため中国に派遣した調査団が入国の受け入れ許可が得られていないことを明らかにしました。

 世界中が中国武漢発の新型コロナウイルスで苦しんでおり、今後の対策のためにも起源を調査することは必要不可欠です。それにも関わらず調査団の入国許可を与えない中国の対応は言語道断、世界の医療、人類の健康に対する挑戦です。

 テドロス事務局長は「失望した」という未だに中国に配慮したような弱いコメントを発出しておりますが、公正中立であるべき国連機関として人類の健康を守るため、中国に対する調査を推し進めるべきです。このままではますますWHOに対する信頼は無くなっていきます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。