記事

「変異種の感染爆発が政権に追い打ち」英国で進行中の"コロナ政変"の教訓

1/2

新型コロナの感染が収まらない英国は、3度目の都市封鎖(ロックダウン)を決めた。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの土田陽介氏は「感染対策の失敗でジョンソン政権の支持率は下がり続けている。余程の神風が吹かない限り、次回の総選挙では政権交代が起きそうだ」という――。

英国のボリス・ジョンソン首相は2020年12月24日、英国ロンドンの内閣府の内閣室からビデオ通話でウルスラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長に電話をかけた。
英国のボリス・ジョンソン首相は2020年12月24日、英国ロンドンの内閣府の内閣室からビデオ通話でウルスラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長に電話をかけた。 - 写真=PIPPA FOWLES/No10 DOWNING STREET/HANDOUT/AA/時事通信フォト

英国とEUの土壇場での通商合意、有権者の反応は…

2020年のクリスマスイブ、欧州連合(EU)との間で通商交渉の合意に達した英国のボリス・ジョンソン首相は高らかに勝利宣言を行った。1月末にEUから離脱し、公約通りに年内に移行期間を終了するとともに、英国が望んだ形で自由貿易協定(FTA)を勝ち得たと満面の笑みで英国民に対してアピールを行った。

とはいえ、直後の12月28日に行われた世論調査会社ユーガブの調査によると、ジョンソン政権の支持率は31%だった(図表1)。前回12月20日時点に実施された調査からの上昇幅は、わずか4%ポイントにすぎなかった。ジョンソン首相のアピールにもかかわらず、英国の有権者の評価は厳しかったと言わざるを得ない。

ジョンソン政権の支持率

保守党の支持者の多くがFTAの締結を望んでいたこともあり、仮にノーディールだったならジョンソン政権の支持率はさらに低下したはずだ。ノーディールでも構わないと強弁を張っていたジョンソン首相であるが、結局のところその真意は、何としても交渉の合意を実現することにあったと考えられる。

それに歯止めがかからない新型コロナウイルスの感染拡大もまた、FTA交渉の合意に皮肉ながら貢献した。11月以降、英国では厳しい制限措置が再開され、一時的に1日当たりの感染者数は減少した。しかしクリスマス前から感染力が強い変異種が猛威を振るい、1日当たり感染者数は過去最多を更新し続ける状況が続いている。

接種が開始されているワクチンに関しても、従来は1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受ける方針であったのが、それを最大で3カ月後に変更し、1回目の接種を優先する方針に転換した。ワクチンの接種戦略をより「広く薄く」したわけだが、そうせざるを得ないほど、英国の感染状況は深刻を極めている。

そして1月4日には、イングランド全土で3回目となる都市封鎖(ロックダウン)が実施される運びとなった。最短でも2月15日まで、イングランドでは厳しい制限措置が行われる。医療崩壊を防ぐための措置だが、度重なる規制の強化を受けた人々の疲労は計り知れない。

5月にはスコットランドとウェールズで地方選

新型コロナウイルスの感染対策が効果的に機能した国は非常に少ない。ファクターX仮説が物語るように、感染者の度合いになぜ地域差が生じるのか不明な点も多い。しかしながら新型コロナウイルスへの対応で、政権の支持率が上昇した国もあれば低下した国もある。欧州では前者の典型がドイツであり、後者は英国となる。

ジョンソン政権は当初、新型コロナウイルスの感染拡大に対して集団免疫路線を採用した。その後、感染の爆発を受けて厳しい制限措置に移行、4月には首相自身も罹患して一時入院した。その頃までは有権者も首相に同情していたが、自身の元側近カミングス氏の問題行動(都市封鎖中の長距離移動)などを受けて支持率は急落した。

夜のロンドン・ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/GoranQ

こうした過程を経て英国の有権者は、ジョンソン政権による新型コロナウイルス対策に関して強い不信感を持つに至った。EUとのFTA締結といった生半可な成果では、政権の支持率を押し上げることなどできないわけだ。以上のような政治状況の下で、5月6日には北部スコットランドと西部ウェールズで議会選が行われる。

英国からの独立志向が強いスコットランドでは、20年1月のEU離脱を前後して与党であるスコットランド国民党(SNP)の支持率が50%後半をキープ、このまま行けば大勝すると予想される。SNP党首でもあるニコラ・スタージョン首相はジョンソン政権の許可にかかわらず、英国からの独立の是非を問う住民投票を実施する可能性に言及している。

独立志向が相対的に弱いウェールズでも、保守党は支持率で苦戦している。もともと労働党が強い土地柄である一方、前回19年12月の総選挙では保守党が躍進した。しかしその後は新型コロナウイルスの感染対策に対する不満から保守党の支持率は25%を割り込み、一方で労働党の支持率が40%程度まで回復している。

あわせて読みたい

「ボリス・ジョンソン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  2. 2

    医師会の言葉は「心に響かない」

    山本直人

  3. 3

    「サイゼ来た」要請で皮肉な結果

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    医療巡り飛び出した菅首相の本音

    青山まさゆき

  8. 8

    「男女の友情存在するか」は愚問

    いいんちょ

  9. 9

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  10. 10

    PCR問題の混乱止まらず 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。