記事

個人競技でチームマネジメント?メダルを勝ち取ったフェンシング太田選手のリーダーシップとは

1/2
その年に最もチームワークを発揮し、顕著な実績を残したチームを毎年「いいチーム(11/26)の日」に表彰するアワード「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」。今年で5回目を迎える本アワードで、本年のスポーツ部門賞を受賞したロンドン五輪「メダリストチーム」の中から、団体銀メダルを獲得したフェンシング男子日本代表の太田雄貴選手にお話を聞くことができました。 個人競技のイメージが強いフェンシングにおいて、いかにしてチームとして結束し、史上初めてとなる団体でのメダルを獲得したのか。チームのキャプテンとしての葛藤は?本人に直撃取材です。

自分たちの人生を変える。アスリートのメダルへの執念とは

画像を見る

北京オリンピックでは個人戦で銀メダル、ロンドンオリンピックでは団体戦で銀メダルに輝きました。個人戦とチーム戦の違いはどこにあったのでしょうか?

画像を見る

個人戦ではもちろん金メダルを目指してきたので残念でした。そんなことがあって臨んだ団体戦。準決勝のドイツ戦、残り2秒で同点に追いつくシーンがありましたが、あれは個人戦ではありえなかったと思います。後ろにいる仲間がいたから勝てたんです。みんなそれぞれ個人戦で負けていたので、チームでミーティングを重ねました。

画像を見る

画像を見る

そこでどのような話しを?

画像を見る

「メダルを獲れば人生が豊かになる」「メダルを獲れなかったことが想像できなくなる」「人生を変えよう」と伝えました。メダルを獲れないと、どれだけ注目されていた選手でもマスメディアから消えてしまいます。彼らにも家族がいる。メダルを獲れば、その家族の数の分だけ、4倍なのか16倍なのか、みんな豊かになります。そうして生まれた、チームのメンバーの今までに見たことのないようなプレーがメダルにつながりました。その中で僕はあくまで最後を締める役割でした。

画像を見る

メダルというのはそれだけ重要なんですね。

画像を見る

ちなみにフェンシングは、試合に1秒でも出ればメダルをもらえる権利が与えられます。しかし、北京オリンピックまでは試合中の戦略的な選手交代は禁じられており、選手が交代ができるのは怪我をしたときのみでした。なので、メダルのかかった試合ではどの国の選手も、オスカーをあげたくなるような演技で怪我したふりをするんです。もちろん審判にイミテーション(=真似)だとバレれば交代はできないませんが。

画像を見る

そんな駆け引きがあるんですか!

画像を見る

だから、金メダルを獲ったチームでも、試合に出られずにメダルをもらえなかった選手がいるとみんな下を向いているシーンがあります。北京オリンピックのときは、ドイツチームは試合の最後30秒で7回ぐらい選手交代を繰り返していました。

メンバーを思う気持ちがモチベーションの変化を生んだ

画像を見る

それだけメダルに執念を燃やす中で、北京からロンドンへの気持ちの切り替えはスムーズにできましたか?

画像を見る

モチベーションの管理については苦しみました。フェンシングの選手はオリンピックがない4年間にも年間10試合程度戦っています。しかし、一般のお客さんからはオリンピックぐらいしか見てもらえない。そんな中、フランスでの世界選手権の後に燃え尽き症候群のようになってしまいました。それからロンドンオリンピックを目指そうという気にさせたのは、自分の内なるものというよりは、外からのもの。今回、個人戦で金に届かなかった理由はそこだと思っています。

画像を見る

個人戦から団体戦への切り替えはいかがでしたか?

画像を見る

自分のモチベーションが変化を起こすということはなかったです。個人戦が終わった後にプッツリ切れてしまい、団体戦を自分のために頑張るという気持ちはありませんでした。でも、チームのメンバーがより高いステージで人生を送るためにメダルを獲ろうと素直に思いました。特に千田健太くんは宮城県気仙沼市の出身で「震災からの復興の希望に」という重いプレッシャーがあって、自分のために戦えない雰囲気も感じていました。だから「気仙沼にメダル持ち帰って、子どもたちと盛り上がるぞ!」と言っていました。

画像を見る

具体的に、モチベーションが変わった瞬間というのは?

画像を見る

特にこれと言った切り替えの瞬間はありませんでした。ある朝目を覚ましたら横で寝ていたメンバーの顔が目に入って、その時にふと「こいつらにメダルを取らせてやろう」という気持ちに切り替わったような気がしますが、それがすべてということはありません。感覚としては考え続けた中で、いつの間にかという感じです。

スポーツチームと会社は一緒?太田流チームマネジメント術

画像を見る

太田さんはチームの中でどのようなリーダーだったんですか?

画像を見る

リーダーとしての役割は全部引き受けていたと思います。オレグコーチが熱くなっているのを止めるのも、コーチと選手の間の通訳もやっていました。「負けたら自分のせいで、勝ったらみんなのおかげでいい」と言っていました。

あわせて読みたい

「リーダー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。