記事
  • ロイター

21年の世界経済、コロナが見通しに影=IMFエコノミスト


[ワシントン 5日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミスト、ギータ・ゴピナート氏は5日、世界経済は2020年に予想されていたよりも良い状態で21年を迎えているが、新型コロナウイルスの感染者急増や変異種の出現が見通しに影を落とし、「暗い冬」になっているとの見解を示した。

同氏は、CNBCに対し「今年は20年に予想していたよりも幾分強い状況でスタートを切っており、良いことだ」とした上で、「しかし、今はウイルスとワクチンの競争となっており、これを乗り越えるまではかなり厳しい局面だと考える」と述べた。

IMFは1月26日に最新の世界経済見通しを公表するとみられている。昨年10月に示した見通しでは、2020年の成長率がマイナス4.4%、21年がプラス5.2%と予想している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。