記事

愛子さまは新年に純白スーツ…初めて“フォーマル”パールネックレスとイヤリングを選ばれた理由 - 佐藤 あさ子

 1月1日、朝から皇居へ向かわれるため半蔵門を通過した天皇皇后両陛下の車両には、天皇旗がはためいていた。天皇陛下と雅子さまは穏やかなご表情を浮かべられていて、この時現場で取材をしていた私は、雅子さまがティアラをお召しでなかったことに驚き、コロナ禍において華美なことをなさらないようにというご配慮を実感した。

【写真】この記事の写真を見る(8枚)

 皇居・宮殿では「新年祝賀の儀」が行われ、両陛下は皇族方や三権の長、各国大使らからお祝いの言葉を受けられた。雅子さまをはじめ女性皇族方は、新型コロナウイルスの感染拡大によって多くの国民が苦労していることを考慮され、例年であればティアラを着用されるところ、控えられたという。


新年をお迎えになった天皇ご一家 宮内庁提供

陛下のネクタイと雅子さまのジャケットは上品なベージュ

 元旦に天皇陛下が臨まれる宮中祭祀「四方拝」にはじまり、新年には様々な行事が行われるが、感染対策のために祝賀の儀への出席者を大幅に減らすなど、今年は様々な点で変化が見られた。とりわけ、例年1月2日に皇居・宮殿の東庭で行われていた「新年一般参賀」が中止となり、陛下の恒例のおことばがなくなることから、異例のビデオメッセージが公開されたことは大きな変化だった。

 天皇陛下のお隣に雅子さまが並ばれ、さりげなく、陛下のネクタイと雅子さまのジャケットの色を上品なベージュで合わせられていた。「即位以来、私たちは、皆さんと広く接することを願ってきました。新型コロナウイルス感染症が収まり、再び皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています」という陛下のおことばのあと、雅子さまは「この1年、多くの方が本当に大変な思いをされてきたことと思います。今年が、皆様にとって少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします。また、この冬は、早くから各地で厳しい寒さや大雪に見舞われています。どうぞ皆様くれぐれもお体を大切にお過ごしいただきますように」と述べられた。

 雅子さまは「立皇嗣の礼」で、17年ぶりに公式行事でおことばを述べられたが、やや緊張感を漂わせられながらも同じように落ち着いたお声で、国民を気遣われた。ビデオメッセージの形式から、雅子さまならではの皇后陛下としての務めについて、両陛下のお考えが表現されていたように拝察している。

愛子さまはパールネックレスとイヤリングをお召しに

 冒頭の半蔵門で、長女・愛子さま(19)も新年のあいさつのため、お一人で皇居へ向かわれるところをお見かけした。愛子さまは、明るいご表情で居合わせた人々に手を振られ、会釈を繰り返されていた。

 大学生らしいはにかんだ笑顔を見せられているご様子がとても自然だった一方で、ホワイトのジャケットに、パールネックレスとパールイヤリングをお召しになり、新鮮な印象を受けた。

 新年を迎えられた天皇ご一家のご近影では、一粒パールのネックレスをお召しになっていた愛子さまだが、一連のパールネックレスとパールイヤリングを揃ってお召しになっているのを拝見したのは、初めてではないだろうか。

 長年お使いになることができるようなフォーマルな場にもふさわしいジュエリーで、成年を迎えられた時のために、今から少しずつご準備をなさっているのだろう。あと1年で成年皇族となられるお立場をしっかりと自覚なさっていることがうかがえた。ジャケットの襟には斜め格子のような地模様があしらわれていて、細やかなこだわりも感じられる。

 前述の天皇ご一家のご近影でも、愛子さまはペールブルーのスーツをお召しになり、モックネック風のホワイトのトップスを合わせられて、若々しいセンスを発揮されていた。雅子さまはスタンドアウトカラーの刺繍が美しいゴージャスなホワイトのスーツをお召しになり、お二方それぞれがとてもよくお似合いのお召し物を選ばれていた。そして陛下はさりげなく、濃淡のあるブルーのシャツとネクタイをお召しになり、寒色ながら春らしいあたたかみのあるご一家でのリンクコーディネートをなさっていた。

佳子さまが初めての宮中晩餐会でお召しになったジュエリーは…

 女性皇族方は、宮中晩餐会や園遊会などで、華やかなドレスとともにジュエリーをお召しになる。たとえば2015年6月、秋篠宮家の次女・佳子さま(26)が20歳の時に初めて出席された宮中晩餐会では、フェミニンなレースがあしらわれたベビーピンクのドレスに、パールのネックレスとイヤリング、左腕にはブレスレット、右手の薬指には指輪をお召しになっていた。

雅子さまは「10代最後の年を心豊かに過ごしてほしい」

「学び舎の冬日あかるき窓の辺に集へる友の影重なりて」

 昨年末に発行された学習院女子中・高等科の同窓会である常磐会の機関誌「ふかみどり」には、この愛子さまの御歌(おうた)が収録されている。愛子さまは学習院女子高等科を卒業されて、常磐会の名誉会員になられたという。女子部時代の楽しかった思い出を振り返られた歌だろう。愛子さまは昨年4月に学習院大学文学部日本語日本文学科に入学され、雅子さまは昨年の誕生日に際してのご感想で、母としての思いをこのように綴られている。

「早いもので来年には成人することを思いますと、幼かった頃のことも懐かしく思い出され、感慨深いものがあります。現在は、新型コロナウイルス感染症の影響により、世の中の多くの学生の皆さんと同様に、オンラインで授業を受けながら、新しい分野の勉強に忙しい毎日を過ごし、大学生としての生活を大切に過ごそうと努めているように見えます。愛子には、これからも多くの方からいろいろなことを学びながら、10代最後の年を心豊かに過ごしてほしいと願っています」

 愛子さまは12月に成年を迎えられる。皇族方のご成年は佳子さま以来7年ぶりのことだ。来年は「新年祝賀の儀」などへのご臨席のほか、「歌会始の儀」では愛子さまも歌を披露されることになるだろう。今年、政府による「皇女」制度の創設検討はどのような進展を見せるのか。多くの国民が、愛子さまのご成長ぶりとともに見守っている。

(佐藤 あさ子/文藝春秋 digital)

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  3. 3

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  4. 4

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。