記事
  • ロイター

米破産申請数、20年は34年ぶり低水準 破産法第11条申請は29%増


[ワシントン 5日 ロイター] - 米法務サービスのエピックは5日、2020年の国内破産申請件数が52万9068件と、1986年以降で最低になったと明らかにした。新型コロナウイルスの流行で経済が大きく落ち込む中、政府による支援策が一定の効果を発揮した格好だ。

破産申請件数は過去数年間、80万件程度で推移していた。

一方、連邦破産法第11条(民事再生法に相当)の適用申請件数は7128件で、前年比29%増加した。

米国では昨年3月に総額2兆ドルを超えるコロナウイルス支援・救済・経済安全保障(CARES)法が成立。昨年末には9000億ドル規模の追加経済対策も成立した。

ただ、シニアバイスプレジデントのクリス・クルーズ氏は、いずれ政府の対策は終了し、債務の返済期限も迎えることから、個人や非事業者の破綻は今年後半に大幅に拡大する見込みと述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。