記事
  • ロイター

中国河北省、コロナ対応で「戦時体制」=共産党機関紙


[北京 5日 ロイター] - 中国共産党河北支部の公式機関紙「河北日報」は5日、河北省で新型コロナウイルス感染への対応が「戦時体制」に入ったと報じた。

首都北京を取り囲むように位置している河北省では、今月2日から4日までに19件の感染のほか、40件の無症状感染を確認。2020年6月以降で初めての感染確認となる。

中国保健当局によると、中国本土全体では4日に33件の新規感染が確認された。

河北省が「戦時体制」に入ったことで、当局は省、市、地区レベルに調査チームを派遣し、コロナ検査で陽性反応を示した人の濃厚接触者を追跡し、隔離措置を徹底する。

河北日報は、河北省が北京を新型ウイルスから守る「政治的な砦」になるとした。

北京では3月に全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が開催される。昨年は新型ウイルス感染拡大を受け、2カ月延期された。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  4. 4

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  5. 5

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  6. 6

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  7. 7

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  8. 8

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  9. 9

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  10. 10

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。