記事

船積み貨物に覚せい剤40キロ|貨物の受取人の役割とは

東京港に陸揚げされた輸入貨物から、覚せい剤約40キログラムが発見され、貨物の配達先にいた4人が逮捕されたというニュースです。輸入1回あたりの押収量としては、珍しい大量押収事件です。

<ニュースから>

●覚醒剤40キロ密輸容疑、末端価格32億円 受け取りの男4人逮捕

東京港に着いた外国船から覚醒剤約40キロが発見され、警視庁組織犯罪対策5課などが、麻薬特例法違反容疑で福島県在住の日本人や外国人の男ら4人を現行犯逮捕していたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。同課によると、男らは「中身は知らなかった」などと容疑を否認しているという。末端価格は約32億円とみられ、背後に大規模な密輸組織があったとみて、実体解明を進める。

同課によると、10月中旬、東京港に着いた外国船が運んできた積み荷の機械の中に、覚醒剤約40キロが隠されているのを東京税関が発見、押収した。

積み荷の機械は、そのまま送付先とされていた福島市内の民家に届けられ、その際にいた男ら4人を、組織犯罪対策5課などが逮捕した。

MSN産経ニュース(2012.11.21)

覚せい剤密輸と輸入貨物の受取人

今回摘発されたのは、船積みの貨物を利用しての覚せい剤密輸。密輸摘発事例の中で、件数からいえば、それほど多いわけではありませんが、大型の貨物に大量の薬物を隠すことができ、1件当たりの密輸量がケタ違いに多いため、密輸グループにとって妙味のある手法だといえるでしょう。

さて、税関検査などで貨物中の覚せい剤が発見された場合でも、その貨物を通常のルートで指定の配達先に配達して捜査する手法をコントロールド・デリバリーといいます。貨物中の薬物を抜きとって無害な品物に入れ替えて配達するのをクリーン・コントロールド・デリバリー、薬物を入れたまま配達するのをライブ・コントロールド・デリバリーといいます。もちろん、いずれの場合も、指定された配達先には、あらかじめ捜査員が先回りして様子を確認し、配送会社の車に乗せた貨物を見失わないよう、多数の捜査官が追跡するなかでの配達となります。受取役が貨物を受け取ったころを見計らって、捜査員が踏み込んで逮捕!となるわけですが、クリーン・コントロールド・デリバリーが実施された場合には、配達された貨物には薬物が入っていないので、覚せい剤取締法などではなく、麻薬特例違反(8条)容疑で逮捕されることになります。

しかし、貨物の受取人を逮捕してみても、そこから得られる情報は限られたもので、真の受取人の存在をあぶりだすのは、そう簡単ではありません。貨物の配達先として指定されるのは、たいてい、密輸グループとは直接関係のない外部の人間で、「外国から荷物が届くから、受け取ってほしい」と頼まれただけの、一時雇いなのです。

そう、運び屋の場合とまったく同じように、密輸グループと関係のない人が、知り合いを通じて「簡単な仕事」を依頼されて軽い気持ちで引き受けた結果、大量の薬物密輸の実行役をつとめることになってしまう・・・多くの場合、貨物の受け取り役として検挙されるのは、こうした人たちです。

依頼は、さまざまな口実をつけて持ち込まれます。「荷物を受け取るだけの簡単な仕事」と誘われたケースや、「自分が留守がちなので荷物を受け取ってほしい」と頼まれた例などがあります。私がこれまでに接した事案では、受け取り役の報酬は一般的に多いものではなく、「お礼はするから」という漠然とした約束だけで頼まれた人や、わずかな借金の返済猶予とひきかえに貨物の受け取りを依頼されたというものもありました。

ここまでは、よくあることのように思えますが、ことが薬物密輸となると、やがて不信感や疑問を抱くような事態がいくつも出てきます。荷物が届いたら、すぐに知らせてほしいと何度も念押しをされ、荷物を絶対に開けるなと言われ、配達予定日が近づくと「まだ届かないか」と問い合わせてきたり、頻繁に様子を見に来たり・・・。おや、こんなに待ちかねている荷物なら、なんで自分で直に受け取らずに他人に受け取りを頼むのか・・・?受取役を頼まれた人の周辺には、ささいなことですが、思わず疑問や不信感を抱かずにはいられないようなことが頻繁に起きるのです。

頼まれて貨物の受取役を引き受けた人の多くは、荷物のなかに薬物が隠されているとは知らなかったと言います。それでも、周囲の事情から当然気づいたはずだという場合には、受取役として密輸に加担したとして起訴されています。

さて今回の摘発で、約40キログラムという大量の覚せい剤が密売ルートに流出することが防止されました。ところで、この貨物の受取役は、どんな立場の人なのでしょうか。そして、逮捕者の中に含まれていた外国人の役割は・・・?背後関係の捜査が進み、密輸ルートが明らかになることに期待しましょう。

あわせて読みたい

「薬物問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  2. 2

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  3. 3

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  6. 6

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  7. 7

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  8. 8

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  9. 9

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  10. 10

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。