記事

《シューズで見る箱根駅伝》ナイキ一強はどこまで続く? そしてついにアシックスが箱根路から消えた! - EKIDEN News

1/2

 超高速レースになるかと思われていた第97回箱根駅伝も、終わってみれば優勝した駒澤大学の総合タイムは10時間56分4秒。

【写真】この記事の写真を見る(10枚)

 昨年、青山学院大学が優勝した時のタイムが10時間45分23秒であったから10分以上もの差ができた格好だ。また、7つもの区間新記録が誕生した昨年に比べて、今年は東京国際大学のイェゴン・ヴィンセントが打ち立てた1つのみ。 

 ナイキの厚底シューズの影響もあり、年々レースが高速化していたが、今季の箱根では選手の足元にどんな変化があったのだろう。 

 様々な大会で選手の足元をチェックしている駅伝マニア集団「EKIDEN News」(@EKIDEN_News)の西本武司氏が、箱根駅伝から最新シューズ事情を読み解く。


1区を走るランナーたち。その足元はほとんどがナイキのシューズだ ©AFLO

◆◆◆

 今年はなんと出走したランナー全210人のうち201人、実に96%の選手がナイキを選ぶ事態になりました。その一方で、「ナイキのどのモデルを履くのか」という選択については、選手ごとに違った選択が見られました。

 大きく分けると「ヴェイパー派」と「アルファ派」に二分された。「ヴェイパー」とは、カーボンプレートが入った厚底シューズの三代目「ヴェイパーフライ ネクスト%」のこと。一方、アルファフライとはヴェイパーフライの上位モデルとなる四代目の最新型で、エリウド・キプチョゲが世界初のフルマラソン2時間切りを達成した靴でもあります。

 また、ナイキ以外のメーカーでは、数年前まで大きなシェアを誇っていたアシックスを履いた選手がついにゼロになるという「大事件」も起きました。

「ナイキ一強」はいつまで続く? 一方で変化も…

 日本のランニングシューズ界では新興ブランドの印象が強かったナイキですが、今では「信頼と実績のナイキ」というイメージへと変化しました。革新派だったナイキが保守派に、逆にミズノなどが挑戦する立場になってきている。ナイキが「自民党」になったことで、数年続いていた技術の進化は、ある程度臨界点に達したと言えるかもしれません。

 では大きな変化はないかというと、そんなことはありません。早速ですが、こちらが今年の各選手が履いていたシューズメーカー一覧です。

[画像をブログで見る]

 最大の変化は「どの靴がどんな風にいいのか」という情報が選手に行き渡ったということです。

 シューズ占有率はナイキ一強で変わりませんが、「この区間はヴェイパー、この走りならアルファフライ」のようにランナーの好みや適性で同じナイキでも履くシューズを変えるようになってきた。「どのメーカーを選ぶか」という時代は終わり、「ナイキの靴をどう使い分けるか」というフェーズに入ってきたと言えるでしょう。

「最新型=良いもの」という考え方が変わりつつある

 さて、普通なら最新型の方がいいのでは? と考えますが、そうはなりません。

 今年の箱根駅伝では、特に5区の山上りではアルファフライでなく、ネクスト%を選んだ選手が多かった。

 厚底か薄底かという表層的な違いではなく、自分がどの区間をどんな風に走るのかを考えて、自分に合うシューズを選ぶようになったのでしょう。

 同じヴェイパーでも、カラーリングがバラバラだったのも印象的でした。これまでならメーカー側が「今年はこの色だ!」と一色に染め上げていたけれど、昔のカラーを履いていたり、山梨学院大で10区を走った渡邊晶紀選手は、オーダーメイドでシューズのカラーリングを変えられるナイキiDというシステムを使って、大学のカラーであるプルシアンブルーのヴェイパーフライをオーダーしていた。これは箱根駅伝に限った話ではありません。

 現在、SGホールディングスに在籍する、元青山学院大の鈴木塁人選手は「アルファフライは浮きすぎる」とネクスト%を履いていますし、クイーンズ駅伝ではヤマダ電機の筒井咲帆選手が、本来はジョグ用に使うアルファフライの汎用モデルであるナイキ ズームテンポで出走していました。

 選手たちは盲目的にナイキを履くのではなく、自分の走りにあったカーボンプレートシューズを選ぶというフェーズに入ってきたといえるでしょう。

 これはナイキだけの話ではありません。

 昨年10区で区間記録を達成し、今年も4区で首位に踊り出た創価大学の嶋津雄大選手は昨年、区間賞を獲得した選手の中で唯一、ナイキではなくミズノの新シューズのプロトタイプを履いていたと注目を集めました。

 この快挙にミズノも「いける!」と手応えを感じたはずです。「本気の反撃」と題して、そのプロトタイプをアップデートしたウエーブデュエルNEOを販売し、大々的なプロモーションも行った。おかげでランナーへの認知度も上がりました。

あわせて読みたい

「箱根駅伝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  3. 3

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  4. 4

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。