記事

面白いが、忙しい年になるぞ!

新年おめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします。

今年はいよいよ金融バブルが大崩れし、われわれ本格派の長期投資家が輝きを増す展開となっていこう。

大崩れがいつ始まるのかは、まさに神のみぞ知るのところ。 おそらくだが、暴落はもうそう遠くないだろう。

大体からして、このまま金融バブルが膨れ上がり続けるなんてことなど、あり得ない。

バブルはバブル、いつか必ずはじけ飛ぶ。 それだけは、はっきりしている。

もっとも、コロナ感染がピタッと収束して、世界経済がすさまじい勢いで回復してくれるのなら話は別だが。

たとえば、昨年のマイナスを挽回するどころか、2019年をも上回る水準にまで世界経済が復調してくれるとか。

そんなウソみたいな状況好転の場合でも、さらなる高値追いどころか、現在の株価水準がどこまで維持できるかは、わからない。

それほどまでに、このカネあまりバブル相場を、多くの投資家が高値を買い上がってきているのだ。

逆に、どこかでバブルが崩れ始めるのは、容易に想像できる。 早い話、ちょっと売りが出ただけで、たちまちバブルの熱狂は消え去る。

バブルって、いつでもそんなものである。 もともと中身がないところを、買って買いまくってきたわけで、急転直下は避けようがない。

そうなって来てからだ、われわれ本格派の長期投資家が忙しくなるのは。

先ずは、バブル崩壊の修羅場からは一歩も二歩も離れていたから、暴落相場で泡食って売り逃げに走る必要はない。

それどころか、暴落相場の安いところを買いに行ける。 とはいえ、買うのは厳選した企業の株式だけである。

それもバブル経済に踊っていた企業ではなく、実体経済をベースに事業を地道に展開している企業だけだ。

なかでも、信用収縮や金利上昇という、これまでとは正反対の経済現象が襲ってきても、平然と乗り切れていける企業だ。

そう、カネあまりバブルでは疎んじられてきた、まともな企業リサーチがフル回転となるのだ。

こう考えてくると、多くの投資家はバブル崩壊で大損を抱えて、売り逃げに右往左往するだけで、なにもできない。

一方、ここまで満を持してきた、われわれ本格派の長期投資家の独壇場となろう。

すごいチャンスが押し寄せてくるのだ、忙しくなるよ。

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  6. 6

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。