記事
  • ロイター

米FDA、コロナワクチンの接種回数や間隔の変更は「時期尚早」


[4日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は4日、新型コロナウイルスワクチンの接種回数や投与間隔を変更する議論があることについて、変更は時期尚早で既存のデータに裏付けられていないとして規定通りに接種を行うべきとの見解を示した。

FDAは、ワクチン普及を図るために1人当たりの接種回数を減らす、投与間隔を長くする、投与量を半分に減らす、2回目に異なるワクチンの接種を認めるといった議論や報道があることに注目してきたとし、検討に値するとの認識を表明。

ただ、「現時点でFDAが認定した投与量や投与日程の変更を提案するのは時期尚早で、十分な科学的根拠が存在しない」と指摘。適切なデータの裏付けがなければ、「公衆衛生をリスクにさらす」恐れが大きいと警告した。

米国では米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンと米モデルナのワクチンがFDAの緊急使用許可を受けている。

FDAは、それぞれのワクチンについて規定通りの間隔で2回の接種を受けることが既存のデータによって裏付けられているとした。ファイザー・ビオンテックのワクチンは1回目と2回目の接種の間隔が21日間、モデルナは28日間と説明した。

英政府は先週、ワクチンの在庫がない場合などに特例的に2度目の接種で異なるワクチンを使用するのを認める考えを示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  5. 5

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  6. 6

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  7. 7

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  8. 8

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  9. 9

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  10. 10

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。