記事

衆院選挙の争点について各党の主張(1)原発

今度の選挙は、玲奈さんも仰っているように「日本の有権者のレベルを問う選挙」だと私も思います。
一昨日のエントリ-で、フランスではマスコミは各政党の主張を平等に報道するだけであることを取り上げさせていただいたので、それを真似して、今度の選挙の争点となるべきであろう種々の事柄についてできるだけ各政党の具体的な主張の情報を集めて、感想を述べてみたいと思います。
今の報道が本来あるべき報道から外れて洪水のような橋下石原PRのエンターテインメントにしかなっていないことに抗議する意味も込めて。
そして劇場型報道にポピュリズムを煽られないように有権者の質が試されてるのだとの戒めもこめて。

まず、大きな争点として上げられる筆頭が「脱原発」だと思います。
これについて、簡単にまとめられた朝日の記事がWebにありましたので、拝借してきました。

リンク先を見る

それぞれHPをあたってみました。

共産党:http://www.jcp.or.jp/web_policy/2012/09/post-473.html

社民党:http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/energy/energy120907.htm

反TPP党:亀井さんの公式Webサイトには脱原発について反TPP党の具体的な主張はまだ掲載されていないようです。

国民の生活が第一:http://www.seikatsu1.jp/policy.html

みんなの党:http://www.your-party.jp/policy/electricity-liberalization.html

民主党:大飯原発再稼働反対の署名をした議員もいますが、海江田氏のように原発推進派もいます。野田総理は第181国会・衆議院本会議での所信表明演説で「2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう、あらゆる政策資源を投入するとした革新的エネルギー・環境戦略を踏まえて、遂行する」と原発稼動ゼロ社会をめざす方針を改めて表明しました。
HPではこちら
でも「原子力規制委の安全確認を得たもののみ再稼働」として結局再稼働を認めているし、大飯原発の活断層の問題も稼働して安全とはとても言い切れないのに停止させようとしていません。
民主党の「緩やかな脱原発」は本気度が疑われると言わざるを得ないでしょう

自民党:共産党の吉井議員が福島原発の事故の予見を国会で追及したときに、今まだだって事故が起こらなかったんだから大丈夫と答えたのが安倍さんです。
こちらのエントリ-を参考にどうぞ
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-689.html
HPにある安倍さんの定例記者会見から
「原子力発言に対するわが党の方針はすでに発表している通りでありまして、原子力規制委員会ができましたので、そこで半年以内にルールを作って、そのルールに則って経済的政治的な事由にはよらずに、純粋に技術的、科学的に安全だと思われたところからこの3年以内に再稼働を行って行くということであります。そして、今後10年、長期的なエネルギー政策、ベストミックスについて議論をしていくという立場に変わりはないということですね。」

ここには載っていない「みどりの党」ですが、HPを見ますと
「すみやかに脱原発を達成し、持続可能なエネルギー社会へシフトする」とあります。
http://greens.gr.jp/policy/seisaku/
即時全廃や輸出禁止も謳っています。
立ち位置としては共産党、社民党に並ぶかな?

ところで上の表では日本維新の怪は脱原発、原発維持、いずれにも入っていないようですが、党首の石原氏がおそるべき原発推進論者ですので、自民と同じ「原発維持」に分類すべきじゃないでしょうか?

ちなみに維新は脱原発に関して次のような変遷をたどっています。

大飯原発無くても夏は乗り切れると断言

やっぱり電気足りない。夏限定で再稼働。脱原発の住民投票は5億もするからダメ(といいつつ、都構想の区割りは住民の過半数取るまで住民投票をやり続ける、という自分勝手な矛盾)

ところが大飯原発は再稼働しなくても夏は乗り切れたことが判明

夏終わっても橋下氏は即時停止を積極的には求めず。
「原発は2030年代まで全廃に後退」そして、全性の高い原発が開発された場合は積極的に輸出に乗り出すべき

脱原発とか先に決めるのはおかしい。市場に任せれば自然と原発は淘汰され、30年代には無くなる
と、期限を定めることを取りやめ。
(市場に任せたら原発はなくなる=政治決断も何もしなくてもほっとけば原発は無くなっていくとは、なんと非現実的なお花畑かと。もう脱原発から撤退宣言したも同然)

石原氏に配慮して、とうとう「脱原発」を削除
 
とまあ、凄いコロコロ王子ぶり。
ここまで来ると、政策を変更したのではなく、維新にはもともと政策の基となる理念がなかった、という評価をせざるを得ませんね。


さて、脱原発はもう国民のメジャーと言っていいと思うのですが、今のところ支持政党の第一党は原発維持の自民党なんだから、不思議なものです。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  4. 4

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  7. 7

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。