記事

トランプ「決起集会」強行で、今年もアメリカはデマとコロナの蔓延が止まらない

共和党も親トランプvs反トランプで真っ二つ(AFP=時事)

 1月20日にバイデン新大統領が誕生し、アメリカは「トランプ時代」の終焉を迎えるが、その前にもその後にも、国内の分裂と混乱は続きそうだ。

【写真】トランプ支持者たちは、相変わらずマスクを着けずに集会を開いている

 トランプ氏は現地時間の1月4日と1月6日に“決起集会”を予定している。1月4日は、上院2議席の決選投票が行われるジョージア州入りし、共和党候補を応援する予定だが、地元の共和党関係者は、「応援と言いながら、実際には大統領選挙で不正があったという、いつもの主張を展開するだけだろう。ジョージア州は共和党の地盤だが、共和党員である知事や州務長官まで攻撃対象にしている。かえって党の結束が乱れるおそれもある」と眉をひそめている。

 ジョージア州のトランプ支持者の一部は決選投票のボイコットを呼びかけており、トランプ氏自身も、すでにケンプ知事やラッフェンスパーガー州務長官が公式に認定した大統領選挙の結果を覆そうとしている。今年になって、州務長官に対して「私を支持する1万8000票を見つけてほしい」と、自ら“選挙不正”を依頼するなど、混乱は収まるどころか悪化している。決選投票は、本来なら2議席とも共和党有利と見られているが、トランプ氏と支持者の動きによっては共和党にとって手痛い番狂わせが起きかねない情勢だ。

 ジョージア州では、トランプ氏の個人弁護士を務めるジュリアーニ元ニューヨーク市長が「不正の証拠だ」として持ち出した開票所の監視カメラ映像をめぐり、いまだに陰謀論を信じる支持者がデマを拡散し続けている。この情報は日本でもトランプ支持者の間で広まったが、その顛末について正確に理解している人はほとんどいない。

詳細はネットなどでも確認できるので省略するが、これらの映像で「疑惑のアタッシェケース」とされたものは「正規の投票用紙入れ」であり、立会人たちの目の前で開票所に運び込まれたことが判明しているし、「立会人を追い出した後に集計を始めた」という主張は、「共和党の立会人は正規の開票時間が終わったので自ら立ち去ったが、開票責任者が開票作業の続行を指示し、立会人を呼び戻して作業を継続した」という事実が判明している。

 この例のように、トランプ支持者たちが「不正だ」と主張したことは、ことごとくデマであることがわかっている。トランプ陣営が全米で起こした数十件の訴訟は、ペンシルベニア州で選挙人登録の手続きに問題があったとされた2件を除き、すべて裁判所で根拠がないとして退けられた。そのペンシルベニアでも、そうした票を除いてもバイデン氏が勝利しているのだから、もはや「不正があった」という主張がデマであることのほうが証明されているのである。

 それでもトランプ氏は、ジョージア入りのあとには6日にワシントンで「ワイルドな」集会を開くから集まるよう支持者に呼び掛けており、その際に戒厳令を出して米軍にホワイトハウスを警備させるという案まで出た。この日は連邦議会が正式にバイデン氏を次期大統領と認定する予定になっている。そこにぶつけて軍を動かし、「ワイルドな集会」を開くなど、クーデターを連想させる恐ろしいプランだ。

 選挙の敗北を認められない大統領と支持者がデモを開いているうちにも、アメリカのコロナ禍は悪化し続けている。1月初旬までに、感染者は累計2000万人を超え、死者は36万人に達した。これはそれぞれ世界全体の約4分の1、約5分の1に当たる。

アメリカの人口は世界のおよそ20分の1だから、世界一の技術大国、経済大国が世界で一番、コロナ対策に失敗している現状をはっきり示している。感染者数は2位のインドの約2倍、死者は2位のブラジルの約2倍である。トランプ氏は、ワクチン開発の成功を自らの成果だと強調するが、これだけ感染を拡大した責任には口を閉ざしている。

 日本の対米外交関係者は、「トランプ支持者はバイデン政権を徹底的に攻撃するだろう。かつて、これほど厳しい環境で就任した大統領はいない。アメリカは当分、“トランプの幻影”に悩まされることになる。日本政府の対応も難しい」と語る。アメリカの迷走は、日本と世界にとってもコロナと並ぶ脅威であり続けるようだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  3. 3

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  4. 4

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。