記事
  • ロイター

英裁判所、アサンジ被告の米引き渡し認めず 米は控訴の構え


[ロンドン 4日 ロイター] - 英ロンドンの裁判所は4日、内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ被告(49)の身柄について、米国への引き渡しを認めないとの判断を下した。米国に引き渡されれば、アサンジ被告が自殺を図る恐れがあることを理由とした。

米政府はスパイ法違反など18の罪でアサンジ被告を起訴し、身柄引き渡しを要求していた。米司法省は声明で「アサンジ被告の米国への引き渡しを引き続き要求する」とし、控訴する構えを鮮明にした。

アサンジ被告の弁護団は、起訴が米政府の政治的動機に基づいており、同被告を米国に移送すれば、ジャーナリストの仕事に深刻な脅威をもたらすと主張。判事は、報道の自由やアサンジ被告の表現の自由を侵害するとの訴えを退けつつも、被告が精神的に不安定であることを踏まえ、米国で重警備の刑務所に収容されれば、自殺を図る真のリスクが存在するとの見解を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。