記事

紅白司会絶賛の二階堂ふみ 衣装に隠された「動物愛」のメッセージ

司会が絶賛された二階堂ふみ

 紅白歌合戦史上初となった無観客開催も、終わってみれば視聴率が40%の大台に2年ぶりに乗る及第点。それどころか、“例年よりよかった”という声が多く聞こえるのだ。

【写真5枚】タイトなチャイナ服のようなドレスを着た二階堂ふみ

「若手アイドルがベテラン歌手の後ろで踊ったりする無理のある演出がなく、純粋に歌を楽しめて満足でした! なんといっても紅組司会の二階堂ふみちゃん(26才)がすごかった」(50代女性)

 確かに二階堂は、安定した司会に加え、白組司会の大泉洋(47才)との軽妙な掛け合い、そして氷川きよし(43才)とのコラボで『ホール・ニュー・ワールド』を歌い上げた美声と、まさに八面六臂の活躍だった。

「司会抜擢はNHKからのラブコールでした。2018年の大河ドラマ『西郷どん』と、2020年の連続テレビ小説『エール』で、共に主人公の妻役を演じた二階堂さんですが、とにかく両方のスタッフから評判が高かった。それが紅白スタッフの耳に届き、抜擢したんです」(NHK関係者)

 もう1つ、今回の二階堂に注目が集まったのが、スタイリッシュに着こなした衣装だ。

「紅組の司会者は女性らしさを際立たせるドレスやワンピースを着るのがこれまでの定番。しかし、二階堂さんは赤のパンツスーツで登場し、黒のジャンプスーツに着替え、ショートカットの髪形と相まって、スタイリッシュな雰囲気がとても素敵でした」(ファッションライター)

 選んだブランドにも、実は意味があるようだ。

「最後に着たのは、『ステラマッカートニー』のドレスでしたが、このブランドはレザーやファーなどを一切使用しない“アニマルフリー”の第一人者です。黒のジャンプスーツは『エリザベッタ フランキ』で、こちらもアニマルフリーのブランド。動物愛護の活動、特に保護犬や保護猫のボランティアに力を入れている二階堂さんの、動物愛を伝えるメッセージだったのでしょう」(前出・ファッションライター)

 早くも司会続投の声まで上がる二階堂。次回の衣装には、どんな思いを込めるのか。

※女性セブン2021年1月21日号

あわせて読みたい

「二階堂ふみ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  3. 3

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  4. 4

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。