記事
  • ロイター

前場の日経平均は続落、緊急事態宣言の検討警戒し幕開けは乱高下


[東京 4日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比99円30銭安の2万7344円87銭となり、続落。引き続き前年末の急騰に対する警戒感が残っているほか、緊急事態宣言の検討が重しとなった。大きく下げる場面があったが、押し目買いで下げ渋り、新年相場は前場を通して乱高下する波乱の幕開けとなった。

朝方は、前年暮の好地合いを引き継ぐ形で上値を追って始まり、寄り付き直後には昨年12月29日に付けた昨年来高値2万7602円52銭に41銭に迫る動きとなったものの、緊急事態宣言の検討を嫌気する形で急落。一時は前営業日比400円を超す下げとなった。

菅義偉首相は4日の年頭会見で「政府として緊急事態宣言の検討に入る」と述べた。

その後は、押し目買いが流入し下げ渋る動きに。コロナ禍で影響が大きい運輸株、外食株などが売られる一方、DX関連、巣ごもり関連など、昨年の緊急事態宣言下で物色された銘柄がにぎわい、これらが相場を支える要因になったという。

市場では「盛り上がりに欠いて始まった。全体が閑散となる中で、5日の米ジョージア州上院選の結果が注目材料になる」(野村証券・投資情報部投資情報二課課長代理の神谷和男氏)との声や、「マーケット全体の物色意欲が強い状態が続いている。緊急事態宣言による調整は一時的で、強い相場基調は継続することになりそうだ」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)といった指摘もある。

TOPIXは0.66%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0787億1800万円となった。東証33業種では、情報・通信業、電気・ガス業が上昇したのを除き、31業種が下落した。

個別では、ソニーが高いものの、東京エレクトロンはさえない。指数寄与度の大きいファーストリテイリングが乱高下した。

東証1部の騰落数は、値上がりが420銘柄、値下がりが1694銘柄、変わらずが70銘柄だった。

(※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。