記事

【クーラー・スクリーン】、コンビニも展開!鬼滅の刃タイアップ食品が絶対売れるIT?

■ジャイアント・イーグルの傘下でペンシルベニア州ピッツバーグを中心に展開するコンビニエンスストア「ゲットゴー・カフェ&マーケット(GetGo Cafe + Market)」では一部の店舗でデジタルディスプレイ搭載のリーチインクーラー「クーラー・スクリーン(Cooler Screens)」を導入している。

クーラー・スクリーンは飲み物やアイスクリームなど冷蔵・冷凍した状態のまま商品を陳列することができるリーチインショーケースのガラス扉部分をデジタルディスプレイにしたもの。

リーチインクーラーに置かれているミネラルウォーターやビール、アイスクリーム、冷凍食品などの商品をデジタル表示する。

デジタルスクリーンでは商品の並びを入れ替えることができ、コマーシャル等のイメージ動画や価格もリアルタイムで変更可能だ。

ゲットゴー・カフェ&マーケットではクーラー・スクリーンを5店舗に導入したのだ。

 デジタルスクリーンを搭載したリーチインは2017年にシカゴで創業したスタートアップのクーラースクリーンが開発。

クーラースクリーンの共同創業者にはドラッグストアチェーン大手ウォルグリーンのCEOだったグレゴリー・ワッソン氏も名を連ねている。

ウォルグリーンでは2019年初頭からシカゴやシアトル郊外の6店舗でクーラースクリーンのテストを開始。

利用者から好評だったことからシカゴ市内の50店舗にクーラー・スクリーンを導入した。飲料水の売上でも導入店と非導入店では50~100%の売上が異なっていることもあり、ウォルグリーンでは2,500店に導入したのだ。

 スマート・リーチインとも言えるクーラー・スクリーンにはカメラやセンサーも内蔵したIoT仕様となっている。

顔認識システムから誰がどの商品を見て、何に手を伸ばしたが分析できるようになっているのだ。顔認証のAI分析から顧客の性別や年齢が判断でき広告などのマーケティングに生かせるという。

例えば飲料メーカーが若い女性向けにテレビコマーシャルなどのキャンペーンを行ったとき、宣伝活動の効果の有無を確認できるのだ。

デジタルスクリーンの表示で、コカ・コーラ社のスプライトをペプシコ社のマウンテンデューを並べることで売上の違いを調べることも可能となる。また年配の女性は他の曜日に比べて特定の曜日の夜にアイスクリームを購入する傾向が多くなるなども分かるのだ。

さらにアイリス(眼の虹彩)トラッキングでリーチインの扉を開いたあとの顧客の目の動きも分析可能となる。視線をトラッキングすることで、特定の商品でユーザーの視線がとまる「アイキャッチング」となる商品の多寡からキャンペーン効果もわかるのだ。

クーラー・スクリーンはデジタル広告業界で「広告の新ラストマイル(the new last mile of advertising)」とも呼ばれている。

スマートフォンやタブレット、パソコン等を日常的に使わないどころかテレビも見ない、いわゆる「オフライン・ショッパー(offline shoppers)」が一定数いることで、デジタル広告は彼らにリーチできない歴史的な課題を抱えている。

店頭にあるクーラー・スクリーンならオフライン・ショッパーもデジタル広告に触れ、この課題が解決できるのだ。

 クーラースクリーンには世界最大の食品・飲料メーカーのネスレやコナグラ・フーズ、ミラークアーズなど100社以上がパートナーシップを結んでいる。

クーラースクリーンは昨年10月、シリーズCラウンドで8,000万ドル(約83億円)以上を調達したことを発表し、累計では1億ドル(約103億円)以上の調達となっているのだ。

スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーも一部店舗でテストを行っていると言われており今年は多くのチェーンでクーラースクリーンを見ることになるだろう。

トップ画像:ウォルグリーンに設置されているクーラー・スクリーン。デジタルディスプレイで遠くからでも注意をひく。画面いっぱいに大人気「鬼滅の刃」のキャラクターを映し出すだけでタイアップ食品・飲料品はバカ売れだ?

クーラー・スクリーンを使うことでPOPとしては最大の効果を見込める。デジタルディスプレイ全画面に鬼滅の刃のキャラクターを映し出せば、離れた場所でも目立つ。子供なら近づいて見ようとするはずだろう。画面が通常の商品を並べているディスプレイに変わり、そこにタイアップ商品も並んでいればドアを開けてパッケージを眺めるため手に取ることになるのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。日本ではアニメ映画「鬼滅の刃 無限列車編」が「千と千尋の神隠し」を抜いて興行収入でトップになったことが話題になっています。歴史的な大ヒットを記録しているだけでなく、さまざまな企業とのコラボ商品も人気を集めています。

社会現象にもなっている映画とコラボしていればファンには間違いなく売れます。コアなファンでなくても映画を見て感動している人はパッケージにあるキャラクターを目にするだけで商品を手に取ります。課題なのは店頭で商品パッケージに目を触れさせる必要があること。エントリー記事にあるようなクーラー・スクリーンを使うことでPOPとしては最大の効果を見込めるのです。

リーチイン・クーラーのデジタルディスプレイ全画面に一瞬でも炭治郎やねず子を映し出して動かせば、離れた場所でも目立ちます。子供なら近づいて見ようとするはず。画面が通常の商品を並べているディスプレイに変わり、そこにタイアップ商品も並んでいればドアを開けてパッケージを眺めるため手に取ります。

 クーラー・スクリーンの何がいいかというと、様々な効果を測定したA/Bテストのデータからメーカーに広告が売れるのです。例えば動画vs静止画、名場面AシーンvsBシーン、キャラAvsキャラBとか...チェーン展開なら1,000店以上で実験するだけでも貴重な「売れるデータ」が集まります。

あわせて読みたい

「広告」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  4. 4

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。