記事
  • ロイター

独、月末までコロナ規制延長の公算 ワクチン2回目接種遅延も検討


[ベルリン 4日 ロイター] - ドイツのメルケル首相と16州の首相が、新型コロナウイルス感染拡大抑制のための全土ロックダウン(封鎖)期間を月末まで延長する方針で合意したと、現地紙ビルトが4日報じた。

政府筋はビルトの報道について「2州を除き、全ての州がロックダウンを31日まで延長することを支持した。最終決定は5日の会合で行われる」と述べた。

これまでに決まっているロックダウンの期限は10日となっている。

シュパーン保健相はRTL放送とのインタビューで、「感染者数が依然多すぎるため、規制を延長せざるを得ない」と語っていた。

同相は、感染者数が持続的な減少を示す必要があるとし、「時期尚早の緩和で新たな難問に直面するよりはましだ」と付け加えた。

ドイツはクリスマス前に規制を強化し、レストランや大半の店舗の閉鎖などを行なった。しかし感染拡大に歯止めがかからず、1日当たりの死者が1000人を超える日も出ている。

7日間の感染者数は10万人当たり140人で、規制緩和基準として政策合意されている50人を大幅に上回っている。

ドイツではコロナワクチンの接種が12月終盤に始まった。しかし接種は緩慢なペースとなっており、関係者の間からは不満の声が高まっている。

ロベルト・コッホ研究所(RKI)によると、国内で4日までに1回目のワクチン接種を受けたのは約26万6000人と、英国の100万人超を大きく下回る。

英国では同日、アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発した新型コロナワクチンの接種も始まった。

ロイターが入手した文書によると、独政府はワクチンの供給不足に対応し、可能な限り多くの人に1回目の接種が行き渡るよう、米ファイザーと独ビオンテック製のワクチンの2回目の接種を遅らせることを検討している。

現在の指針では、2回目のワクチン接種時期は1回目から最長42日以内とされているが、保健省はこの期間を延長できるかどうか、独立ワクチン諮問委員会に精査するよう要請した。

デンマークではこの日、2回目の接種を1回目から最長6週間とする指針を承認した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。