記事

東京都の飲食店時間短縮要請で都民に説明して欲しいと思う「3つの事」

[画像をブログで見る]

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大で、東京都は飲食店全般に午後8時までの時短営業を要請するようです。

しかし、年末に新規感染者数が増えてきたということで、この時期になぜ飲食店の営業時間短縮で効果的な感染症対策になるのか、疑問に思っている私のような人は多いと思います。

小池東京都知事には、今回の対策を実施する前に、是非都民に現状把握とそれを受けた対策の理由をわかりやすく説明して欲しいと思います。

まず知りたいのは、昨年春のコロナ感染拡大から今まで、東京都が医療設備のキャパシティ拡大対策として、何をしてきたかです。

重症者が101名と過去最大になったことで、医療施設のひっ迫が叫ばれていますが、この間重症者の収容可能数は都内でどの程度増えたのでしょうか。これだけの時間があったにも関わらず、以前と同じようなキャパシティであれば、行政の怠慢が原因と言わざるを得ないと思いますし、その理由を知りたいと思います。

次に、今回も飲食店に対し補償金を支払うとしていますが、その財源は確保されているのでしょうか。既に東京都はコロナ対策に1兆円近くを使ってしまい、今後増税の可能性も高まってきました。東京都の財政状況についても、正しい情報を知らせるべきです。

そして、そもそも飲食店の営業時間短縮で、どの程度の感染拡大抑制効果があるのでしょうか。費用対効果が明確でないのに、検証もせずばらまいて良いのかと疑問になります。

新型コロナ感染拡大と医療施設のひっ迫は確かに大きな問題です。だからこそ闇雲に無駄玉を打ちまくるのではなく、効果のある対策をピンポイントに実行すべきです。

私のような感染症の素人にもわかりやすく、納得できる説明を是非聞いてみたいと思います。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年1月4日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  5. 5

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  6. 6

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  7. 7

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。