記事

「社長が住む街」で田園調布と成城がランク外になったワケ

1/2
田園調布のブランド力も衰え始めているのか(時事)

 どんな国でもどんな時代でも、金持ちは特定の街に集まるものだ。東京では戦後ずっとそのブランドを維持してきたのが田園調布や成城だ。「家は田調です」「実家は成城なので」と言えば、誰でも「ああ、お金持ちなんだな」「お嬢様じゃん」とわかるフラグだった。

【写真】春の成城は桜並木が美しく住民たちの満足度は高いが

 しかし、そのブランドに大きな変化が起きている。『週刊ポスト』(2021年1月4日発売号)では、「令和のネオ株長者150人の素顔」を特集している。1位はソフトバンクグループ会長の孫正義氏で保有額2.5兆円、2位はファーストリテイリング会長の柳井正氏で1.5兆円……といった目もくらむ金額が並んでいるが(ちなみに150位は231億円)、同特集では番外編として、2020年に東京商工リサーチが調査した「社長の住む街全国ランキング」も公開している。

 2003年の同調査では、同率1位に並んだのが田園調布と成城で、3位が大泉学園町だった。いずれも閑静な住宅地で、東京にありながら敷地も建物も大きな「お屋敷」が並ぶ景観で知られる。ところが2020年調査では、そのトップ3がすべてトップ10から姿を消した。代わって上位に並んだのは、1位・赤坂、2位・西新宿、3位・六本木、4位・代々木、5位・南青山といった東京都心の町名だ。どちらかというと繁華街やビジネス街のイメージが強い場所が多く、社長が邸宅を構えるには不向きにも思える。このうち2003年調査でトップ10にランクインしていたのは南青山だけ(4位)だから、この17年間でブランド力がガラリと変わったことがわかる。

あわせて読みたい

「不動産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  5. 5

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  6. 6

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。