記事

「前進」論の底に見えるもの

 「前に進むのか、後ろに戻るのか」と、連呼されている政治家の方がいらっしゃいますが、使う場合によって、これはずるい論法になるということを改めて痛感します。端的に言えば、前進と後退を並べて、「前進がいいに決まっている」という言葉を引き出しにかっていることが、みえみえのこの論法は、これまで成果に対する評価、あるいは批判的な見方をかわす、つまり目線をずらすために使われているからです。

 そして、これは政治家の言に限らず、およそ「改革」を推進しようとする側の常套句になっている現実を考えると、その隠れた意図には、よくよく目を光らせなければならないということを感じます。そうしなければ、「改革」に対する正当な評価、メリットとデメリットのフェアな比較による方針転換が、えんえんとできないまま、事態が進行してしまうからです。

 この論法は、「悪い所ばかりではない」という切り口が付きまといます。山岸憲司・日弁連会長も、光と陰がある今回の「改革」のうち、光の部分に注目せよ、と言っていますが(「『前向き』論の落とし穴」)、前記論法と実は趣旨は全く同じです。以前の「法曹の養成に関するフォーラム」の席上でも、新法曹養成全面見直し、給費制復活なんて「恐ろしいこと」を、まさか弁護士会は考えているわけではないでしょうな、と、決めつけているような委員の発言もありました(「法曹養成論議の気になるシーン」)。

 ただ、これもいうまでもないことですが、これまでの「実績」の中で、悪化していると認めざるを得ないものがあり、それを解消できる見通しが立てられないというのであれば、それはやめるという選択が当然に考えられなければなりません。その時に、他のメリットと前進をいうことの危険をどうとらえるかです。そこで優先順位、つまり、この「改革」がどこを重んじているかが問われることになるはずです。

 例えば、弁護士の増員と、それを支えている法科大学院を中核とする新法曹養成が、もし、結果的に弁護士の修養環境を破壊し、弁護士と依頼者市民の、安全な関係を壊す危険があるのならば、仮に旧体制が問題を抱えていたとしても、「悪化」である以上、戻すという選択肢はもちろん考えられていいはずです。

 ここで必ず出されるのは、やはり時間ということです。つまり、まだ「改革」は道半ばで、これから成果が出てくる、いまやめてはだめだ、という意見で、これは冒頭の「前進」論を支える有力な論拠にもなります。思えば法科大学院立ち上げ後、合格率をはじめ、早くも看板倒れのような現実が噴出したなか、推進派の法曹関係者も、一部を除く法科大学院関係者も、そのことばかり言っていました。しかし、「まだまだこれから」論も、いまや、さすがに少しトーンダウンしてきた感はあります。このままではだめだ、という危機感は、ひろがった。ただ、もともとの「理念」や制度設計にメスを入れさせなければ、まだ「前進」論が通用すると思っている方が沢山いるのが現状であり、それがゆえに大本の「理念」「理念」という話を、やたらに耳にする結果になっているととれます。

  「悪化」という評価を引き出されて、「前進」論を止められることが不都合と考える人間が、「光の部分」に目線を向けようとしていないか、をよくよく見極める必要があります。そして、もし、それが「悪化」という現実をも、隠そうとするものならば、この「改革」が一体、何を、そして誰を第一に考えているのかも、はっきりとするといえるのです。

 先日、行われた弁護士増員をめぐる市民集会で、日弁連の姿勢には問題がある、という意見が、あちらこちらから出されました。「悪化」の現実を一番分かっている日弁連が、まだ、「改革」路線の誤りを全面的に認めず、そのトップまでが、まるで「前に進むのか、後ろに戻るのか」といわんばかりに、「光の部分」を見よ、と言う。この反省なき姿勢が、日弁連、ひいては弁護士のスタンスを分かりにくいものにし、「改革」の現実を大衆に伝えにくくしていることに、もう気が付かなければなりません。

あわせて読みたい

「弁護士」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  9. 9

    撤退する飲食店、益々予約が取れなくなる飲食店

    内藤忍

    05月08日 11:38

  10. 10

    「鬼滅の刃=Demon Slayer」米国では炭治郎の耳飾り“旭日旗”問題は?

    文春オンライン

    05月08日 14:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。