記事

2日の初詣 昨年の出生数は激減

いつもは元日に、近くに初詣に行くのですが、昨日は、ゆっくりしていて、今日2日になって、午前中に行ってきました。狛江から2駅の成城学園前から歩いて10分余りのところにある、慶元寺の系列の喜多見不動堂す。

東京の居場所が狛江になってからは、毎年、ここで初詣しています。小さなところのためか、初詣の人はまばらで、破魔矢やお守りは、テントがあるだけで人がいず、いただけませんでした。元日だけなのでしょうか。

不動坂を下ったところにあり、成城学園で中学から大学までやっていたバレーボール部で、よく走っていました。喜多見不動堂の階段、そして戻る時の坂の上りも、全く息があがらなかったのは、毎日軽井沢で歩いているためでしょうか。

雪の富士山が、きれいに見えました。成城の住宅街で、柑橘類がなっていました。

昨年末に、昨年の出生数は、一昨年を約1万7千人下回り、85万人を割り込む見通し、と報じられていました。統計を始めた1899年以降で、最少となる、ということです。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響が大きいのだと思います。妊娠の届け出数も前年を下回っていて、今年の出生数は80万人を割り込むという見方もでている、とのこと。

厚生労働省は、年末にその年の人口や出生数などの統計を公表していますが、昨年は「新型コロナウイルスの影響で不確定要素が多い」として公表を見送りました。

出生数については、例年の計算式に基づいて推計すると、前年比2%減の84万8千人程度になるそうです。新型コロナの影響で一時的に妊娠を控える動きが強まったという見方の一方、経済的に苦しい若者が結婚や妊娠をあきらめると、長期的に少子化が加速する可能性も高まるという見方もあります。

とにかくコロナが収束することが第一ですが、もともと非正規が多く不安定だった若い人たちへの支援が、一層必要になると思います。






あわせて読みたい

「出生率」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  2. 2

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  3. 3

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  4. 4

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  5. 5

    印象論で政権批判 NEWS23に苦言

    和田政宗

  6. 6

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  7. 7

    母親が米議会乱入「地に堕ちた」

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  9. 9

    尾身会長が求めるリーダーの姿勢

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    諸行無常なオタ活に感じる輝き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。