記事

木村拓哉主演『教場II』中江監督が語る続編の葛藤「踏襲しつつ新しいことを」

1/2

●続編は「一切決めておりませんでした」

俳優・歌手の木村拓哉が、冷酷無比な警察学校の教官・風間公親を再び演じるフジテレビ系スペシャルドラマ『教場II』(1月3日・4日21:00~)。長岡弘樹氏の同名小説を原作に、『踊る大捜査線』などで知られる君塚良一氏が脚本を担当した話題作で、演出を務めるのは中江功監督だ。

今作同様、木村主演で『眠れる森』(98年)や『プライド』(04年)など数多くのヒット作を手掛け、2020年は1月放送の『教場』と、6月放送の林遣都主演『世界は3で出来ている』でギャラクシー賞の月間賞を2度も受賞するなど、長年質の高い作品を生み出している。

そんな中江監督が、『教場II』に込めたこだわりとは。生徒役キャストたちの見どころや、気になる『III』への展望なども含め、話を聞いた――。

『教場II』主演の木村拓哉 (C)フジテレビ

■前作のラストを盛り上げるために

前作ラストでは新たな“風間教場”の生徒として、上白石萌歌、三浦貴大、佐久間由衣などがほとんどセリフもなくラストのワンシーンだけ登場。今作では、そんな彼らが再登場するという仕掛けが施されている。だが、前作の撮影時に、続編は予定されていなかったという。

「(続編は)全然、一切決めておりませんでした。その予定もなかったし、編成部からもそんなこと言われなかったんですよ。前回のラストは、最後全員エキストラ生徒だけではつまらないし、ラストシーンまでなんとか盛り上げるために、誰か知ってる人が出ていた方が面白いかもねっていうアイデアでああなっただけなんです。最後の最後まで仕掛けを仕込んだ方がいいと思いました」

上白石萌歌

三浦貴大

佐久間由衣

(C)フジテレビ

また、前回ラストで登場したメンバーを今作に登場させるというアイデアは、脚本の君塚良一氏から出たものだそうで、「続編が決まって、今回は新しい“期”で、まだ映像化していない原作のエピソードを使おうとか、そういう話を君塚さんと最初にしたんだけど、どうせだったら前の期のメンバーが1人か2人出てくるエピソードを入れましょうって言われて、『あぁなるほどな』って思いましたね」と取り入れた。

■脚本・君塚良一氏は「そうなると思ってた」

このように、監督自身は続編については考えていなかったというが、君塚氏にはヒットメーカーだからこその“勘”が働いていた様子。「君塚さんに『続編やることになりました』って話をしたら、喜んで『そうなると思ってた』って言ってましたね(笑)。君塚さんは続編に関してもプロなので、そういう流れになることが分かっていたみたいです」

君塚良一氏

脚本家・君塚良一と言えば、代表作の『踊る大捜査線』はもちろん、草なぎ剛主演『TEAM』(99年)や、田村正和主演『さよなら、小津先生』(01年)など、連続ドラマで残されたエピソードを続編で巧みに展開させ、作品をさらにステップアップさせていく“続編作品の名手”だ。

「君塚さんはやっぱり心得てて、いろいろアイデアを持っているので、その点で助けられました。意気込みもものすごくおありで、原作にないエピソードも作るかってくらいの勢いがありました。だから今回は盛りだくさんでいこうと決めたんです。前回と同じボリュームでは飽きるし、目先を変えたほうがいいなというのもあって、君塚さんと一緒に考えて新しい視点もかなりいただきましたね」

●とにかく今回は作り方が難しかった

続編を作る上で意識したことを聞くと、「前回を見てる人は、風間ってこういう人なんだろうなってもう分かってるし、全く同じフォーマットだと飽きるかもなとも思ったので、結構難しかったですね。だけど、同じことをやる分にはあんまり躊躇(ちゅうちょ)しないようにと思いました。勇気あるマンネリは必要だし、分かっているからこそできる話もある。『金八先生』のように学校の話でもあるので、同じことをやりつつ、“生徒が変わるとこんなふうに物語も変わるんだよ”という考えがありました」とのこと。

では、今作で“変えた部分”は何だろうか。

「新しいキャラクターを登場させたり、風間の過去にもちょっと触れてみたりと、前のフォーマットを踏襲しつつ、新しいことをやろうというふうに考えました」というが、“変える”ことに対しての葛藤はやはりあったようだ。

「こういうのって『一緒じゃん!』ってなるのがいいのか、『違うじゃん!』ってなるのがいいのか、難しい部分なんですよね。テレビって誰でも見ることができるものなので、『何だよ』ってなっちゃったら終わりなんです。そのためには引きつける何かがなきゃいけない。前回を見ている人はもちろん、初めて見た人も、『何だこれ!?』っていうか、『面白そうじゃん』って思わせる見せ方をしなきゃいけないなという使命感で作りました」

それでも、「とにかく今回は作り方が難しかったです。たぶん、みなさんは前回を踏まえていろんなことを予測しながら見たりされると思うので、振りすぎてもダメだし、振らないと気づかれないし…。これはでき上がって、放送を見てもらわないと実際どうなのか、本当に分からないですね」と、続編の難しさをにじませていた。だからこそ、中江監督が苦労したという“振り”のあん梅、さじ加減も注目したいポイントだ。

樋口日奈 (C)フジテレビ

あわせて読みたい

「木村拓哉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  3. 3

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  4. 4

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。