記事

「ものづくり」を超えてこそ、「ものづくり」も残る

テレビ東京の『ガイヤの夜明け』で、「町工場からお茶の間へ!~職人たちが大ヒット商品を生んだ」という番組をやっていました。それぞれ、自ら商品を開発し、自ら販売をはじめ成功した事例を取り上げたものです。
いずれも「ものづくり」という、どうしても製造工程に偏りがちな視点では説明できない、もうひとつ上流の工程にチャレンジし、さらに下流としての販売先も変え、ビジネスそのものが変わった事例でした。
日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京 :

奥山さんという方がブログで、ともすれば、日本では、イノベーションというと、「具体的なハードウェアの発明」と安易に考えてしまう風潮があって、そこにのめり込んでしまうと、もっと上のレベルの変化に飲み込まれ、コントロールされてしまうと書かれていますが、とても大切な指摘だと思います。
「技術」と呼ぶのはもうやめませんか?


画像を見る

番組で取り上げられた三重県にある錦見鋳造は下請けの部品工場でした。つまり製造工程だけで実績を積んできた会社です。その会社が、リーマンショック以降に仕事が激減し、薄くて軽い鋳物技術を生かした家庭用の製品はないかとアイデアを社内にもとめ、たどり着いたのがフライパンでした。浅く考えてしまうと、それも「ものづくり」だとしてしまう人もいるでしょう。しかし、この会社は、それまでは注文に応じて製造していたことから、「商品を自ら錦見鋳造企画する」ことを始めたのです。もっといえば自らリスクを負ったのです。しかも売り先も、企業からネット販売のほか、伊勢丹や東急ハンズなどに変えたということは、ビジネスそのものが変わったのです。

もし「ものづくり」ということだけにとらわれていたら、きっとより元請けに喜ばれそうな、さらに薄くて剛性の高い鋳物技術を徹底して追求していたのかもしれません。錦見鋳造株式会社 :

 
リンク先を見る

大阪の中小企業「エンジニア」のケースも同じです。確かにブレークしたのは、「ネジ・ザ・ウルス」というどんなネジでも、溝が潰れたネジでも外せる工具です。やはり「ものづくり」だという人もいるかもしれません。しかし、「工具店やバイク店など向けの業務用工具」からDIY市場にビジネスのターゲットを変え、ビジネスそのものも変わったのです。社長さんが店頭で、商品をキャラクターにした着ぐるみを着てお客さんに説明したり、海外のユーザーに話を聞きに回っていらっしゃった姿は、ビジネスそのものが変わったことを象徴しています。
プロフェッショナル用工具メーカーのエンジニア|株式会社エンジニア :


リンク先を見る

「ものづくり」をさらに超えた事例だと感じさせたのは、大阪のデザイン会社が地場の瀬戸の陶器の型職人の方とのコラボレーションでつくった編み物の模様と風合いをもった器や照明のシェードです。この職人さんがデザイン会社CEMENT PRODUCE DESIGN代表の金谷代表と出会って、注文に応じて「陶器の型」をつくる仕事から、型をつくる技術を生かして、デザインや陶器の暖かみや風合いを生み出す仕事に進化したのです。
CEMENT PRODUCE DESIGN :

日本は、世界のビジネスが、デジタル化やグローバル化という産業革命によって大きく変化してきたにもかかわらず、「ものづくり」という罪作りな神話にとわられ、視点を狭め、結局は多くのビジネス分野で競争力を失い、また産業の高付加価値化に失敗してきました。情報家電がその典型例です。

大切なことは、ビジネスが進化すれば、より高度な「ものづくりの技術」も求められてくることが普通ですが、「ものづくり」の技術さえ極めれば、ビジネスの進化が起こるとは限らないことです。
確かに、高度な基礎技術の場合は、ユーザーの利用方法や生活文化、市場そのものまでをも一変させるさせることがあります。しかし、基礎技術の場合も、それを応用するビジネスが生まれてこそ生きてくるのです。しかも、基礎技術の大きなイノベーションは、そうそう簡単に起こってくるものではありません。

「ものづくり」を極めればビジネスが成功するという神話は工業化の時代に日本に根付きましたが、いまやそれが呪縛となり、ビジネスチャンスを広げることの足かせになってきているように感じます。日本は人口が増えない、いや減少していくので、追求すべきは産業の高度化と高付加価値化ですが、それを「ものづくり」だけで達成しようとでもいうのでしょうか。それは下手をすると日本の産業の総下請け化にもなりかねません。たしかに、iPhoneやiPadにも日本製品は多く使われています。しかし製品から得られる利益からすれば、ごくわずかな利益しかそこからは稼げないのです。

例えれば、「ものづくり」に偏った考え方は、ヒットにしろ、ホームランにしろ打撃の技術を追求して、野球で勝とうというのに等しいのです。守備もあれば、どのような作戦で行くのか、メンバーをどう組むのかといったことでも優れていなければ勝てません。それよりも究極は、夢を感じてもらえる、またゲームで感動し、楽しんでもらい、球場にも足を運び、またテレビで観てもらえるファンを増やすことのはずです。そうなるとチームのマネジメントやプロ野球そのもののマネジメントの進化が求められてくるはずです。

もうそろそろ「技術」というのも「ものづくり」というのもやめませんか。そうすれば視点がぐっと広がってくるはずです。また、そうしたほうが「技術」も「ものづくり」も日本に残るのです。なぜならそれもイノベーションを支えるチームの大切な一員だからです。
 

あわせて読みたい

「ものづくり」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    驚愕のデータ!日本のコロナ感染拡大は空港検疫陽性者数とほぼ相関!なぜコロナを防げないのか?

    かさこ

    05月09日 08:19

  3. 3

    菅さんは、小池さん並みにマスコミを上手に使えばいいのになあ

    早川忠孝

    05月09日 16:21

  4. 4

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  5. 5

    「遊びは富を生み出さない」の定義を変えたYouTuberのゲーム実況

    Dain

    05月09日 11:34

  6. 6

    「かまいたち」の実は長かった暗黒時代 “東京挫折”からいかに立ち直ったか - 鈴木旭

    文春オンライン

    05月09日 12:43

  7. 7

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  8. 8

    小池都政DX戦略大失敗!急げ医療者へのワクチン接種

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    05月09日 21:10

  9. 9

    お相撲さん→スーパーの店長→モデル→インドで人気俳優…元力士の波乱万丈すぎる人生

    文春オンライン

    05月09日 15:23

  10. 10

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。