記事

2020年に最も値上がりしたのは「銅」ではなく「ビットコイン」

[画像をブログで見る]

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

日本経済新聞の記事によれば、2020年に最も値上がりした投資対象は「銅」ということのようです(図表も同紙から)。

新型コロナウィルスで落ち込んだ需要が中国でいち早く回復し、産業用の銅の需要の拡大につながる。そして、電気自動車の製造部品として銅が必要になることも、価格上昇の要因としています。

しかし、この記事を読んでいて、私は投資家の視点から違和感を感じました。その理由は、個人投資家の資産運用の観点からは、2つの視点が欠けていると思ったからです。

1つは、騰落率の分析をしているのが、金融資産とコモディティーだけに限定されていることです。

グラフでは、株式や債券のインデックスと比較して、昨年1年の最大上昇を記録したのは「銅」となっていますが、実は昨年暗号資産のビットコインは約4倍に上昇しました。暗号資産には代表的なインデックスはまだ存在しませんが、時価総額の比率ではビットコインが圧倒的で、ビットコインを比較対象に入れないのは分析としては不十分です。

もう1つ忘れてばいけないのは、投資は騰落率というキャピタルゲインだけで判断してはいけないと言うことです。

昨年大きく値上がりしたからといって、そのトレンドがこれからも続くとは限りません。値上がりによるリターン(キャピタルゲイン)は、安定性に欠けます。長期の資産形成で重要なのは、キャピタルゲインより、むしろ安定したインカムゲインなのです。

債券金利や、不動産投資の家賃収入のようなインカムゲインも、合わせて検討することが大切です。

資産運用で忘れてはいけない大原則は、できるだけ幅広い投資対象を俯瞰(ふかん)することです。

金融資産だけを見て、年間騰落率に一喜一憂しているだけでは、質の高い資産運用は実現できません。金融資産だけではなく、実物資産も含めて比較することです。

そして、キャピタルゲインとインカムゲインの両方に目配りしながら、投資対象を見極めることを忘れ てはいけません。

今回の記事ではまったく触れられていない不動産のインカムゲインによる安定したリターンを得たい個人投資家向けに、新春セミナーを企画しています。長期の資産形成を合理的な方法で実践したい方は、参加してみてください。

■ 都心中古1Rは3末までに買え!決算前の7大特典付き大バーゲンセール!
【定員10名】お料理とドリンク付 銀座のリアルセミナー(2/3)

【無料開催】オンラインセミナー(1/18)

【無料開催】オンラインセミナー(2/8)

■【薄利多売の物件紹介あり】エイマックス天田氏と考える資産運用(2/6)
【残席7名】お料理とドリンク付 銀座のリアルセミナー

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年1月2日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。