記事

イララモモイ「推しという免罪符」

 バイト先の同世代男性(郡山くん)に、女性である主人公(新名栞)が恋愛感情とは言い切れないが、すっごいライトな性的な関心をもっていて、そのことをバイト先の女性たちとの間だけで会話する際に「推し」という言葉で表現しているという設定。

 素敵な彼氏もいる主人公・新名は心の中で

あくまで目の保養的な存在で
決して付き合いたいとか恋愛感情はないんですけどね

 と自分に言い訳をする。

 「推し」というカテゴリーにしてしまうと恋愛感情が混入していてもわからなくなってしまう。このワードで同性仲間の間でだけ自由闊達に喋れるように共有化できてしまうのである。

 しかし、「推し」だからいいだろうということで恋愛感情要素が不透明になってしまうのは、新名自身もそうであって、4/7あたりの、彼氏とテレビを見ている最中に「郡山」出身の歌手を思わず写真に撮って郡山くんのラインに送ってしまい、激しい葛藤と、妄想が広がってしまうくだりが悶絶するほどいい

 八重歯の郡山くんのビジュアルも中性っぽくて、「萌える」。いや、それこそ、ぼく自身が郡山くんを見る目の中に性的要素が入っていると思う。

 ぼくはラインとかメールとか個別会話とかを、「馴れ合い」モード異性とやりとりする際に、相手が同性代くらいの誰であったとしても、どうしてもそこに親密な空気が発生しているように思えて、「この親密感を楽しんでると相手に思われてないか?」と不安になり(しかし他方で本当にウキウキしている自分もいるのだが)耐えきれずに早々に打ち切ってしまう。

 だから新名のこのどうでもいいクソ葛藤がすごくよくわかってしまう。

 郡山くん側から見た作品もある。

郡山くん視点の推しの話
www.pixiv.net

 そしてやはり郡山くん視点で見るとやっぱり新名は謎行動をやっている人で「ちょっとこわい」んだな…と、あらためて自分のキモさを自覚する。

あわせて読みたい

「漫画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。