記事

メールでの賀状

僕として考えてみれば(「考えんでもええやろ」というとこだが)、昨年が満での古希(普通は数えやで)、今年は古希を通過してしまう。昨年の賀状を整理していると、「年賀状を止めます」と書いてあるのも多かった。そこで賀状のあり方を考えることにした。

実は昨年からメールベースの賀状も使い始めている。そういう賀状も多くなってきていたから。しかも、友人とメールで情報交換していると、年末になって「今年かぎりで年賀状を廃止する」と伝えてきた。そこで、僕もそうするかと決断した。

ということで、賀状を出している相手のメールアドレスを調べ、賀状用のアドレス帳を作った。しかし、すべての相手のメールアドレスが判るわけもない。それに形式的に賀状をやり取りしている相手もある。

以上から、今年は3種類の賀状を出した。

1つ目は、今までと同じ葉書ベースの賀状である。親戚関係が多い。インターネットなんてやりそうにない年寄りが多いこともある。

2つ目は「葉書ベースの賀状は今回かぎりです」という一言を入れた賀状である。ついでに僕のメールアドレスも強調しておいた。必要であれば連絡があるだろう。

3つ目はメールベースの賀状である。圧倒的にこの数が多くなった。来年用にアドレス帳を整理し、充実させていくことになる。

思うに、Zoomなどを使えば遠くの相手と「会う」こともできる。仕事がオンラインになったから、年始の挨拶もオンラインでいいかもしれない。少なくともメールが便利である。

相手のメール賀状に対しての返事も簡単である。たとえば「一度会いたいね」と書いてあれば、「京都に来る機会があれば是非声をかけて」と簡単に応じることができる。「最近は足の調子が悪くて」(爺婆の賀状かな)と書いてあれば、状態を質問することも簡単である。

日本、中途半端に文明化したものだから、いまだに紙ベース、ハンコ、対面が重視されている。でも本当の文明とは、インターネットを多用したものになるだろう。対面が必然の場合もあるし、それが効果的なことも多いのも確かだが、時間的な効率性を考えるとある程度限定されるべきだろう。

紙はどうなのか。ごく限定的ではないかと思う。紙の代わりにネット経由の情報なら、保存も簡単である。僕が紙を使うのは新聞と論文を読むときにほぼ限定されている。新聞と論文、一覧性が重要だし、読むときの目の疲れ方が違うから。読んだ後はすぐに捨ててしまうのだが。

横道に逸れたが、賀状もネットベースにするのが最高だと、昨日と今日で確認できた。郵便局の経営者には申し訳ないながら、職員には朗報かも。

あわせて読みたい

「年賀状」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。